キャニオニングと九州全土の川記録&カヤック・カヌー等


by zanryuuroku
どーもー、ひろカワウソです。

まーよく雨が降りますね。気が滅入ってませんか?

「雨が降るとツアーできますか?」って質問されます。

出来ますよ!

晴れてようと、雨降ってようと、大概問題無しですよ。大雨以外はね。

どーせ濡れますからな。

f0230770_21423834.jpg


「水飲みますか?」って質問されます。

飲みますね!
って答えます。
しかも鼻からね(笑)

f0230770_21444071.jpg


f0230770_21485435.jpg


この日のキャニオニングメンバーに「たなかっち」って呼ばれました。

ひろ、でも、かわうそでもなく、たなかっち。なんだか心地良い響きだね。
気に入った。これから自己紹介に取り入れよう。「たなかっちでーす。」
自分で言ったら変かな?

f0230770_215452.jpg


f0230770_21543535.jpg


おっ、潔く飛んでますな。体のバネが感じられる飛び姿だ。

f0230770_2157562.jpg


ヘルメットとPFDの赤、ヒップカバーの黄、水の透き通った青とも緑とも言える色。

f0230770_2254733.jpg


ここは川の庭園かと思える景色。

「ふじかわちウォーターロックガーデン」とでも呼んでみようか。

f0230770_221614.jpg

こりゃいったいどんな状態? 足ブラですよね・・・・。

f0230770_22181317.jpg

「たなかっち、ここどうやって降りるの~?」

はいはい、今行きマース。待ってて。

9月も元気にツアーやってますよ。

ご予約お願いしまーす!!
[PR]
by zanryuuroku | 2012-09-09 22:25 | 藤河内渓谷
どーもー、ヒロかわうそです。

由布川の通常コースに参加されたゲストさん達は、15mの滝を見て「この滝を降りるなんて無理!!!」と言います。

そうね~、激しく水が落ちてきて、暴風のような風が吹いてて、ゴーゴー音も凄いもんね~。

降りるなんてまったく想像も出来ないかもしれないな~。

でも降りれるんだけどね!

そりゃー、参加してもらうしかない。

そうさ、参加しろ、俺だ俺だ俺だ!

f0230770_0493344.jpg


で、参加したメンバーがこの面々。

予約のメールで「運動不足の女子でも大丈夫ですか?」と聞かれても、

大丈夫です!! 多分(小声で・・・)

当日、申し込み用紙に記入した後に、「身の程知らずにも、つい参加する事になってしまったんですけれど・・・・。」と言われても、

大丈夫です!! 多分(小声で・・・)

f0230770_056312.jpg


さー、ツアーに出てしまえばこっちのもの、フフフ・・・。

滑らかな側壁と滝を堪能しつつ、ツアーは進む。

f0230770_058355.jpg


5mのジャンプも・・・・、逃げようが無い。あるけれど逃がさない。

f0230770_10260.jpg


ゲストさん達「あれ? 先が無いぞ?」
「どうなってんの?」
「え~~!!!」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

全員フリーズ。

f0230770_125148.jpg


↑ ゲストさん達が見た景色。

写真じゃ~、迫力と静謐さが伝わらないのが残念。

f0230770_152489.jpg


「どうにかして戻れる道無い?」
力無く引き返そうとする彼ら・・・・・。

でも後ろは5mの滝に阻まれて、後退なんぞできゃーしないのさ。

覚悟を決めろ!!

腹を括って降りる、もとい、降ろされるしかないのさ。

かわうその操作するロープに全てを委ねなさ~い。

参加したゲストさん達は走馬灯を見てるな、多分。
あの死ぬ直前に見るってやつね。

大丈夫、無事に下に降りれるから。

f0230770_1133387.jpg


降りてる途中の写真は無いので、無事に降りてツアーが進行してる写真を。

喜怒哀楽の怒以外の感情がMAX振り切れるらしい(笑)

まー参加して頂戴。そうとしか言えない。

オッターのHPは右上のオッターマークをクリック!!
[PR]
by zanryuuroku | 2012-08-16 01:21 | 由布川峡谷
どーもー、ひろカワウソです。

今日も元気に川に出撃してきましたよ。

藤河内渓谷は一般の観光客の方も沢山見えられてました。
子供を綺麗な川で遊ばせたいと思うのは親心ですもんね~。
藤河内渓谷は透明度抜群ですから。

さて、ヒル・蛭には気をつけて下さいね。
居ますのでね。どこからか忍び寄ってくるヒル。

今日はツアーに参加した男子が、ヒルに血を提供してました。そうとう満腹だったのか、でかかった!
うなじに吸い付いてましたよ。

f0230770_21571938.jpg


「ヒロさん、キモチイイ~~」
川の中は別世界。
ウェットスーツを着てないと長く泳いでられないんですよ。水温低くって。

f0230770_21595037.jpg


岩の上を流れる水が綺麗過ぎて見えない。

f0230770_2204626.jpg


f0230770_222144.jpg


ほほー、この写真面白い。なんだか跳んでるね。

f0230770_226190.jpg


「to be to be ten made to be」←これ分かる?

昔流行った気がする。

f0230770_2284239.jpg


大阪から来た3人組も、みんなを楽しませてくれました!!

参加してくれたみんな、ありがとうね!!
[PR]
by zanryuuroku | 2012-08-12 22:12 | 藤河内渓谷
どーもー、ヒロかわうそです。

寝不足ですか? ですよね~。
なんだかTVに釘付けです。

これが時差の無いお国のオリンピックだったら、仕事中は見れないと諦めもつくんだけど、なまじ家に居る時間に試合があってると・・・・、見ちゃうね、深夜でも・・・・。
いかんね。

どーせニュースで何度も流れるのにね。

f0230770_21533117.jpg


スタート地点の岩畳。薄く流れる水が気持ちイイ~~。

f0230770_2155163.jpg


f0230770_21561298.jpg


夏ですね~。
お天気が曇りだったり、雨だったりしても寒くならないね。

f0230770_21574556.jpg


f0230770_2158178.jpg


5mの滝の上で、身のすくむ飛込み前の瞬間。

f0230770_21594531.jpg


水中をカメラでパチリ。滑らかな岩床。
f0230770_2211831.jpg


f0230770_2215318.jpg


滑った~~!!。

f0230770_2225214.jpg


f0230770_2232140.jpg


f0230770_224498.jpg


「HPやブログの写真で見てたけど、想像以上に楽しかった!!」って言ってもらえました!!

嬉しい!

次は由布川で会おう♪
[PR]
by zanryuuroku | 2012-08-09 22:06 | 藤河内渓谷

妖怪カマキリ女出現。

どーもー、ひろカワウソです。

毎日暑いですね~~、いかがお過ごしですか。

出来れば夜も川に居たいな。誰か防水PC作って!!
事務仕事を川でやるから。

f0230770_153736.jpg


さて、由布川のキャニオニングツアー・通常コースの模様です。

降り注ぐ陽光。大勢の子供達は浅い場所で遊んでます。

我々由布川探検隊は峡谷の奥へ向かって、前進あるのみ。

深い所は泳ぎ、瀬では流れに押されて流されつつも耐え、前進前進。

f0230770_1584818.jpg


由布川渓谷の、何物かが棲むと伝えられる場所まで来ると、隊員の一人に異変が・・・・。

突然胸の苦しさを訴える隊員。川の深みへ自ら入りのたうち回る。カワウソなすすべも無い。

やがて疲れ果てたと見え、腹這いで川に浮く隊員・・・。

それが、やおら起き上がってニッタリと笑った

f0230770_15162348.jpg


「出た~~!!」
「妖怪カマキリ女!!」
赤いヘルメットに取り憑いたカマキリ。いったいどこで・・・。

カマキリが鎌を振り上げる動作をすると、取り憑かれた隊員も手鎌を振り上げて他の隊員達を襲う。
カワウソ身が竦んで反撃できない。

f0230770_1521146.jpg


「逃げろ~~!!掴まるな~~!!」

追うカマキリ女

f0230770_15344726.jpg


「あっち行け、カマキリ女!」

逃げ惑う隊員達。

一人の隊員を捕まえると上から猛然とのしかかる。
カマキリ女の手鎌が隊員を襲う。
「ザクッ」「ザクッ」
一撃・二撃
痛さに悲鳴を上げる隊員。

カワウソ我に返って猛然とカワウソチョップ!
するとカマキリ女に取り憑いたカマキリが、ぽとりと下敷きになっている隊員の口へ・・・。
「ごっくん!」

「え==、カマキリ食った!!」

馬乗りになっていたカマキリ女が、きょとんとした顔で辺りを窺う。
「あれ、私どうしたの?」
正気に返ったようだ。

一方カマキリを食べた隊員。「のどに小骨が刺さってる感があるけど、わりと美味♪」
だそうだ。まじか!?

一同胸を撫で下ろす。

「でもさ、カマキリ食ったんだよね・・・・」

f0230770_1540163.jpg


「うん食った、この口で」と右端の隊員

恐るべし、カワウソ探検隊・・・・。事も無げにカマキリを食う・・・。

f0230770_1539010.jpg


これ以上犠牲者が出ないように、カマキリ供養をしよう!

という事になり、石を積む隊員達。

f0230770_15444789.jpg


これで、悪さをするカマキリが出なければいいけれど。

願いを込めて、合掌。

f0230770_15471790.jpg


気を取り直し、我々探検隊はさらに由布川峡谷の奥へ・・・。4mの壁を越えて行く隊員達。

f0230770_15492148.jpg


f0230770_1548356.jpg


由布川最奥部に到達し、万感の思いを込めてハートマーク。

ありがとう! 
よくやったぞ、隊員たちよ!!



(この物語は大幅にフィクションです。)
[PR]
by zanryuuroku | 2012-08-06 15:55 | 由布川峡谷
藤河内渓谷のキャニオニングツアーにて、小学生のツアー参加が可能になりました。

1日限定2名とか。

大人1名につき、子供1名の参加とか縛りはありますが、お子さんをお持ちの親御さんはツアーへの参加、ご検討くださいませ。

https://sites.google.com/site/otterdownstream/home/fujigouchi-keikoku/xiao-xue-shengnotsua

詳しくはHPにてご案内しています。↑ のアドレスです。

f0230770_23192928.jpg


f0230770_23195273.jpg


これまで、お問い合わせは多かったのだけれど、お断りしてましたのでね。

ようやくご要望にお答えできるかと思います。

ご予約よろしくお願い致します。

オッター ダウンリバークラブ
[PR]
by zanryuuroku | 2012-07-31 23:26 | 藤河内渓谷
どーもー、ひろカワウソです。今日2回目の更新です。

土曜日、藤河内渓谷。
日曜日、由布川峡谷にてツアーを行いましたよ。

今年はなんだか異変が・・・・。由布川の予約が少ないよ・・・。何で?

もしかして、九州北部豪雨が影響してるんでしょうか?

由布川は崩落も無く、安全にキャニオニングツアー出来ますよ。

是非是非、ご参加をよろしくです。

f0230770_2081391.jpg


由布川って上を向いていたくなる景色がいっぱい。

歩くときはしっかり足元見ないとね。

立ち止まったら上を向こうね。

f0230770_2011870.jpg


f0230770_20121185.jpg


大岩の向こうに滝が見える。

人・岩・滝のコラボや~。

f0230770_20141258.jpg


ドザエモン・・・・、違う違う、「浮いて見上げたくなる景色」ここにアリマス。

f0230770_20154670.jpg


さー、通常コースの核心。約4mの滝登りです。

でも、その滝登り後の写真が・・・・、暗くてブレてます(泣)

f0230770_20175673.jpg


f0230770_2020567.jpg


これってパノラマモードで撮ったそう。けっこう良い写真ですね!

f0230770_20222020.jpg


「人間死ぬまでに一度は、この由布川の景色は見ておくべきデスヨ!!」

オッター ダウンリバークラブ

ご予約待ってます!!
[PR]
by zanryuuroku | 2012-07-30 20:28 | 由布川峡谷
どーもー、ひろカワウソです。

梅雨明けの由布川渓谷に突撃してきました。

福岡から来た5人組。橋からの眺めを見て
「こんなに深いの!」

そうです、深いんです。HPやブログで由布川をチェックしてたそうだけど、実際見ると違うよね。

f0230770_9401191.jpg


一般の観光のお客さんの前を、川の中をじゃぶじゃぶ入って進みます。
深いところへどんどん泳ぐ。

手が届きそうな距離に居るのに、コチラは腰の深さ、ソチラは足が届かない、って事はよくあります。

f0230770_9445791.jpg


f0230770_9454737.jpg


水量は少し多め。でも2~3日で通常水位に戻るでしょうね、この感じなら。
水量多いほうが、帰りは楽しいんだよね。長く流れて行けるから。

f0230770_9491044.jpg


「滝が好き~」というクボ◎ちゃん
「俺も滝が好き~」というカワウソちゃん

狭い谷間から、滝に太陽が降り注ぐと、虹が出ます。

どこに 「虹」 が出ると思います? 空?

違います。

わざとあえて、滝にうたれるんです。

体に当たった滝粒が細かくなって飛び散ると、自分の腰の高さの辺りに出ます、 「虹」 が。

しかも自分の周りに輪を描くように。直径1mくらいかな・・・・。

かなりはっきりと見えます。

見に来て、見に来て!!

f0230770_9594641.jpg



そうそう、倒木のストレーナーが出来てました。椿の階段とチョックストーンの中間ぐらいですかね。要注意です。

普通の観光客さんは行く場所ではないですね。上流に向かって奥の方です。

子供さんや非力な女性は嵌ると、水圧に押されて身動き出来なくなる可能性があるので、注意が必要です。不運な事故が起こらないとも限りませんからね。
よく分からないでしょうから、アドバイスを。
「水流が当たっている倒木には近づかない」です。

私が付いてればまったく問題なくツアーできますよ(笑)

ちょうど日中の気温が高い時間帯に、川の中を遊んでますから、避暑にどうぞ!

ご予約お待ちしています。
[PR]
by zanryuuroku | 2012-07-24 10:13 | 由布川峡谷
昨日、7月15日の藤河内渓谷のキャニオニングツアーをレポします!

九州北部豪雨災害を引き起こしたあの雨。

実は藤河内渓谷ではあまり降ってません。被害が出た竹田と藤河内渓谷は祖母傾山系で、同じ山域のような感じなんですが、まさに局地的な雨だったんでしょうね。

藤河内渓谷の川の水は全然増えてません・・・・。むしろ減ってる。
もうちょい雨が欲しいくらい・・・・。

なので、オッターのキャニオニングツアー、どんどん参加してくださいね。

f0230770_1037846.jpg


今日のクルー達。やる気満々です。昨日までの雨も豪雨も吹き飛ばせ!

f0230770_10385011.jpg


急に夏になったかのような高気温の中、快適なリバートリップ。

f0230770_1040417.jpg


「ウヒャヒャヒャヒャ~~~。ガー!!」
何かのスイッチが入ったワラビー。
滝の中にも一人潜んでるよ。

f0230770_1045878.jpg


俺たち五人。みんな強運を持ってる。絶対持ってる。最高の天気。

f0230770_10485868.jpg


「ヒロさん偉い!! よくこんな素敵な川を見つけましたね」
って言ってもらえた。
かわうそ冥利につきるよ。ありがとう!


「ヒロさん、ビデオカメラ落とした!!」
「えー、買ったばっかりの、ソニーから出たばっかりの防水ビデオを~~?」
しかも落としたビデオは黒1色・・・・。
見つけにくいぞ~、そりゃあ。

落とした辺りは、水深2mくらい。石が沢山あってどーにも見えにくい。
水の透明度は抜群だけど、滝の泡も視界の邪魔をする。
落としたしんちゃん顔がこわばってきた。

そこでまっちゃんが提案。「カメラのフラッシュ焚いて川底をあちこち撮ってみたら?」

ナイスアイディアです!!!

作戦開始

んで、↓ の写真でカメラを発見。無事に回収したのでした(笑)
f0230770_1165653.jpg


教訓「カメラの色は、黒よりもっと石と見分けにくいグレーにしようぜ!!(笑)」

ストーンカラーとか無いかな?
絶対買わねー。
[PR]
by zanryuuroku | 2012-07-16 11:12 | 藤河内渓谷
どーもー、ヒロかわうそです。

スーパーのレジにカップルが並んで待ってます。
彼女が彼のお尻をグーでガシガシ殴ってます。そりゃーもうー容赦なく殴ってます。
彼のお尻が柔らか過ぎるので・・・・、硬くしてるんだそうです。
笑って殴られるがままの彼。

変なカップルだな~。OTTERのお客さんなんですけどね(笑)

f0230770_15573321.jpg


朝は雨、入渓する頃は曇り、お昼過ぎに晴れ間が出て、ゴール付近では又雨。
5月3日は一日で天気がコロコロ変わる日でした。

で、由布川では綺麗な虹が出ました!!
「雨が降ったから?」
  「non non 渓谷内に陽が射したから」
普通は雨上がりに空に虹が掛かるけど。”由布川では晴れないと虹が掛からない”

しかも”滝のある場所に陽が射せば”という条件付です。この条件がなかなか整わない。

f0230770_16123677.jpg


「わっわっわ、虹がはっきり見えるよ。私を中心に丸い虹が!!!」

”太陽” ”滝しぶき” そして ”自分” が揃うと、7色のスカートみたいに自分をぐるっと一周してはっきりした虹が出る。
”自分がいないと円を描く虹は出ないんだよ”

f0230770_1620770.jpg


f0230770_16212935.jpg


ヒロ、怯え声で「何か光ってますけど・・・・?」
ほーまんさん「そりゃーもー・・・、ん?、ヘルメット被ってるのに何で?」

f0230770_16274065.jpg


おーきく息を吸い込んで深呼吸~。

f0230770_16301955.jpg


「そー言えば、俺の車なんだかウンコ臭いんだよね」

f0230770_16333842.jpg


「ごめんなさい、私が漏らしました」
  「俺もちょっと漏らしました。すんませんっ」


f0230770_16301955.jpg


「あー、やっぱり今夜は、自分が生きてきて起こった、いろ~んな出来事を、若者達に語り明かそう。うん、そうしよう」


f0230770_16333842.jpg


「私むりむり、勘弁して」
  「俺もご勘弁願いたいのであります」

f0230770_1652185.jpg


由布川峡谷キャニオニングツアー、ゴール!!
[PR]
by zanryuuroku | 2012-05-04 16:55 | 由布川峡谷