キャニオニングと九州全土の川記録&カヤック・カヌー等


by zanryuuroku

タグ:由布市 ( 8 ) タグの人気記事

どーもー、ひろカワウソです。

ニホンカワウソが絶滅に・・・・。
そーねー、見た事無いもんね、ニホンカワウソ。
動物園とかで見れるのは、ニホンカワウソでは無いってことですね。

私のカワウソというあだ名は、実物のカワウソから付いたものではないのだ。

漫画の「伝染るんです。」知ってます?

歳が分かるな・・・・。

顔も似てるし、いじわるな性格もそっくりだと過去に複数人から断定された事が・・・・。

f0230770_0112767.jpg


f0230770_0133431.jpg


f0230770_013275.jpg


テンションのスイッチをONする、この川かぶり。
カワウソも大好き。

f0230770_0194830.jpg


f0230770_0204241.jpg


中が良い二人は、もっと中が良い二人に。
ラブラブな二人は、ちょーラブラブな二人に変化するのだ。それがオッターのキャニオニングツアー。
理由はカワウソにも分からない・・・・。

f0230770_021371.jpg


滝の中からツアー中のみんなをパチリ。

f0230770_0271989.jpg


今こそ滝を降りるって時に、「不安な表情をしてるのを見るのが楽しい!!」ってケイコが言ってた(笑)
悪いぞケイコ。

f0230770_0281772.jpg


f0230770_032424.jpg


みんなの笑顔に心洗われる日々

f0230770_036650.jpg


f0230770_040581.jpg


まだまだご予約お待ちしています!!

オッター ダウンリバークラブ です
[PR]
by zanryuuroku | 2012-08-29 00:54 | キャニオニング
どーもー、ヒロかわうそです。

昨日10年振り位で、延岡の海にカヤックサーフィンしに行って来ました。

台風のうねりが入ってきてるので、波高3mってところでしょうかね。

でも、三角波が押し寄せる綺麗な波ではなくて、盛り上がったと思ったら直ぐに崩れる波なので波上を走る感覚は味わえなかったですね。

でもカヤックの場合、スープと呼ぶんでしたっけね、崩れた波に押されても遊べるので、そこそこ楽しめましたけどね。くるくるとスピンするのは気持ちいい!

ただ、連日川に入ってる自分としては、あの海のベタベタ感がなんとも気持ちの悪いものでした。

川と比較するから余計そう感じるんでしょうけどね。

あと砂ね・・・、シューズに入った大量の砂を落とすのに苦労しました・・・・。
なんかいい方法はないものか・・・・。

f0230770_21162682.jpg


出発前にパチリ。今日は女祭りです。

今日のツアーは、カワウソでしゃばらない様にしたいと思っております。
女祭りだと特に出る杭は打たれる気がするのだ。

f0230770_21204271.jpg


行きがけはヒップカバー(黄色)の足のバックルを止めないで歩くんです。
ツバメみたいって、皆さんお気に入り。

f0230770_21214528.jpg


なんだ、そのポーズ、何かのまじない?

f0230770_2125575.jpg


f0230770_21272293.jpg


水圧の強い所は協力して進みましょうね。
カワウソが何も言わなくても協力してるね。
参加者が女性ばかりだと、よく見られる風景。

f0230770_21284578.jpg


おおぉ~~、顔は見えてないけどとっても良い写真だ~!!
暗いところで、悪巧みしてる風。

f0230770_21362789.jpg


約4mの高さの滝。こんな感じで登って行くんですよ。
縄梯子は毎回持って帰るので、普通の人は登れないけどね。

f0230770_21371876.jpg


f0230770_21422669.jpg


4mの滝を登ると、その奥はさらにさらに狭くて暗い空間。
なので、光が足りなくて写真がますます撮りにくい・・・・。

フラッシュ焚いたら、渓谷に充満しているマイナスイオンのミストが写真に写りこんでしまう。

f0230770_21382853.jpg


f0230770_21393052.jpg


さー奥の15mの滝を訪問したら元来た川を帰ります、帰り道でパチリ。

f0230770_2150441.jpg


はい、ゴールの写真です。
このツアーは”でしゃばらない”を旨としましたので、カワウソ割と大人しめなガイドだったかな?

あっ、途中で「人間不信になる!!」って絶叫されたんだった・・・・。
まー大人しめだったって事で・・・・、忘れよう・・・・。
[PR]
by zanryuuroku | 2012-08-25 21:59 | 由布川峡谷
どーもー、ヒロかわうそです。

由布川の通常コースに参加されたゲストさん達は、15mの滝を見て「この滝を降りるなんて無理!!!」と言います。

そうね~、激しく水が落ちてきて、暴風のような風が吹いてて、ゴーゴー音も凄いもんね~。

降りるなんてまったく想像も出来ないかもしれないな~。

でも降りれるんだけどね!

そりゃー、参加してもらうしかない。

そうさ、参加しろ、俺だ俺だ俺だ!

f0230770_0493344.jpg


で、参加したメンバーがこの面々。

予約のメールで「運動不足の女子でも大丈夫ですか?」と聞かれても、

大丈夫です!! 多分(小声で・・・)

当日、申し込み用紙に記入した後に、「身の程知らずにも、つい参加する事になってしまったんですけれど・・・・。」と言われても、

大丈夫です!! 多分(小声で・・・)

f0230770_056312.jpg


さー、ツアーに出てしまえばこっちのもの、フフフ・・・。

滑らかな側壁と滝を堪能しつつ、ツアーは進む。

f0230770_058355.jpg


5mのジャンプも・・・・、逃げようが無い。あるけれど逃がさない。

f0230770_10260.jpg


ゲストさん達「あれ? 先が無いぞ?」
「どうなってんの?」
「え~~!!!」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

全員フリーズ。

f0230770_125148.jpg


↑ ゲストさん達が見た景色。

写真じゃ~、迫力と静謐さが伝わらないのが残念。

f0230770_152489.jpg


「どうにかして戻れる道無い?」
力無く引き返そうとする彼ら・・・・・。

でも後ろは5mの滝に阻まれて、後退なんぞできゃーしないのさ。

覚悟を決めろ!!

腹を括って降りる、もとい、降ろされるしかないのさ。

かわうその操作するロープに全てを委ねなさ~い。

参加したゲストさん達は走馬灯を見てるな、多分。
あの死ぬ直前に見るってやつね。

大丈夫、無事に下に降りれるから。

f0230770_1133387.jpg


降りてる途中の写真は無いので、無事に降りてツアーが進行してる写真を。

喜怒哀楽の怒以外の感情がMAX振り切れるらしい(笑)

まー参加して頂戴。そうとしか言えない。

オッターのHPは右上のオッターマークをクリック!!
[PR]
by zanryuuroku | 2012-08-16 01:21 | 由布川峡谷
どーもー、ヒロかわうそです。

由布川峡谷の15mの滝下降コースに行って来ましたよ。

「僕が僕である為に、勝ち続けなきゃならない」

と歌ったのは尾崎豊。

「私が私である為に、要所要所で勝ち続けなきゃならない。勝敗比率は五分五分以下でも」

と歌う年齢になってるかわうそ。

自分が気付いてないだけで、要所要所で負けてる可能性が高いかわうそ。

あっ、腰痛が・・・・。

車を運転すると右肩が痛む・・・、数年前に患った帯状疱疹の後遺症か・・・・。

f0230770_21191881.jpg


さてさて、今日のゲストは1つ年下のSさん。同年輩の男二人ツアーです。
労わり合って進むのですよ。

f0230770_21212789.jpg


「これですかー、5mのジャンプは」

そうそう、これこれ。

f0230770_2123245.jpg


5mジャンプの滝を対岸からパチリ

f0230770_21232626.jpg


15mの滝の脇にある静かで上品な滝。

とーってもいい滝なんだけど、すぐ横に大迫力の15mの滝があるもんだから存在感が薄い・・・・。

薄い・・・、に反応するお年頃のかわうそ。

f0230770_212965.jpg


さー、ロープのセッティングも完了!

滝を下降しますか!

f0230770_21315096.jpg


Sさんを先に降ろして、下降してきたかわうそです。
Sさん、ありがとう!

「Sさん、滝の途中で写真を撮ったらいいですよ、途中で止めますから」
って事で、この辺りかなと思う所でロープの繰り出しを止めたかわうそ。

後で写真を撮れたか聞いたら

「物凄い水圧の場所でロープが止まって、写真を撮るどころじゃ無かった!!」
だって・・・・。
かわうそがロープを止めてる3分間、死に物狂いだったのね・・・・。
ごめんなさい(笑)

f0230770_21434073.jpg


あれがチョックストーンですよ。滝の上に立つと割りと低く見える。

f0230770_21425569.jpg


で、チョックストーンを真下からパチリ

f0230770_21473987.jpg


チョックストーンの所で出会った若者達。高校生くらいかな?

元気いっぱいでガッタガッタ震えてました。
「サビー!!」を連呼しながら泳ぐ若者達。
若いって良いな~。彼らはこれから上り坂。かわうそは下り坂。

いいーんです。要所要所で勝てれば!(笑)

f0230770_2153977.jpg


Sさん、フル装備の我々はのんびり浮いて流れて下りましょう。

「全然寒くないもんね。よし勝った!」(若者達に)

ここが要所かは別問題・・・・。
[PR]
by zanryuuroku | 2012-08-13 21:59 | 由布川峡谷
どーもー、ひろカワウソです。

ゆーふっがわ♪
ゆーふっがわ♪
ゆーふっがわ♪

負ける気がしねー!
ん? 何の事?

f0230770_22173493.jpg


f0230770_22181436.jpg


滝は天下の周り物。
ん? 何か違う?

f0230770_22194137.jpg


来た~~、これこれ~~。
ん? 何が来るの?

f0230770_22205442.jpg


f0230770_22212487.jpg


あーしまった。何のプランも無くブログを書き進めてしもた。
サッカーの日本対エジプト戦見た直後だもんな~~
3-0だもんな~。(嬉)

オッターのツアーもよろしくです。
[PR]
by zanryuuroku | 2012-08-04 22:25 | 由布川峡谷
どーもー、ひろカワウソです。今日2回目の更新です。

土曜日、藤河内渓谷。
日曜日、由布川峡谷にてツアーを行いましたよ。

今年はなんだか異変が・・・・。由布川の予約が少ないよ・・・。何で?

もしかして、九州北部豪雨が影響してるんでしょうか?

由布川は崩落も無く、安全にキャニオニングツアー出来ますよ。

是非是非、ご参加をよろしくです。

f0230770_2081391.jpg


由布川って上を向いていたくなる景色がいっぱい。

歩くときはしっかり足元見ないとね。

立ち止まったら上を向こうね。

f0230770_2011870.jpg


f0230770_20121185.jpg


大岩の向こうに滝が見える。

人・岩・滝のコラボや~。

f0230770_20141258.jpg


ドザエモン・・・・、違う違う、「浮いて見上げたくなる景色」ここにアリマス。

f0230770_20154670.jpg


さー、通常コースの核心。約4mの滝登りです。

でも、その滝登り後の写真が・・・・、暗くてブレてます(泣)

f0230770_20175673.jpg


f0230770_2020567.jpg


これってパノラマモードで撮ったそう。けっこう良い写真ですね!

f0230770_20222020.jpg


「人間死ぬまでに一度は、この由布川の景色は見ておくべきデスヨ!!」

オッター ダウンリバークラブ

ご予約待ってます!!
[PR]
by zanryuuroku | 2012-07-30 20:28 | 由布川峡谷
どーもー、ひろカワウソです。
晴れましたね、すっきり、さっぱり。
今日、5月5日は最高に気持ちの良い水遊び日和でした。
暖かくなりましたね。今日みたいなら、キャニオニングいいすよ!

是非どしどし参加してくださいね。

f0230770_22311068.jpg


この日のゲストは女性2名。
張り切りすぎちゃって、11時の待ち合わせなのに、9時半には到着してたそうです(笑)

f0230770_22372593.jpg


由布川峡谷の、狭い谷間に抜けるような青空。キラキラ光る滝。

f0230770_2238171.jpg


「ここまで来ないと”おやつ”あげないよ、ほれ、ほれほれ・・・。」

f0230770_22453352.jpg


「4mジャンプ。私、こーやって鼻をつまんで飛ぶつもりだったのに・・・・。」
  「私は、こーやって鼻の穴に指を突っ込んで飛ぶつもりだったのに・・・・。」

f0230770_22482072.jpg


「さー、運ぶわよ!!!」

去年からずーっと気になっていた何かのホースのゴミ。
とうとう今回撤去しました!!
8mくらいの長さのを3つに切ってね。
協力ありがとう!くまぴー&あやか  かわうそ涙が出そうに嬉しかった。
重たいのにご苦労様でした。感謝。

まだ15mの滝の上流にもあるから、そいつも早めに撤去するぞ!!

f0230770_2254275.jpg


えっほえっほ。頑張って運ぶ。
なんせチョックストーン付近にあったゴミですから。ゴールまでは長い道のり。

f0230770_22561349.jpg


「ゴールに着いた~」
まだ階段を持って上がるんだけど、ほっと一息。

「楽しい思いをさせてもらったから、由布川に恩返し」だって、カワウソは幸せ者です。

雲ひとつ無い青空と相まって、彼女らの優しさに心晴れ晴れのカワウソでございました。

二人とも、ありがとう!!
[PR]
by zanryuuroku | 2012-05-05 23:04 | 由布川峡谷
どーもー、ヒロかわうそです。

スーパーのレジにカップルが並んで待ってます。
彼女が彼のお尻をグーでガシガシ殴ってます。そりゃーもうー容赦なく殴ってます。
彼のお尻が柔らか過ぎるので・・・・、硬くしてるんだそうです。
笑って殴られるがままの彼。

変なカップルだな~。OTTERのお客さんなんですけどね(笑)

f0230770_15573321.jpg


朝は雨、入渓する頃は曇り、お昼過ぎに晴れ間が出て、ゴール付近では又雨。
5月3日は一日で天気がコロコロ変わる日でした。

で、由布川では綺麗な虹が出ました!!
「雨が降ったから?」
  「non non 渓谷内に陽が射したから」
普通は雨上がりに空に虹が掛かるけど。”由布川では晴れないと虹が掛からない”

しかも”滝のある場所に陽が射せば”という条件付です。この条件がなかなか整わない。

f0230770_16123677.jpg


「わっわっわ、虹がはっきり見えるよ。私を中心に丸い虹が!!!」

”太陽” ”滝しぶき” そして ”自分” が揃うと、7色のスカートみたいに自分をぐるっと一周してはっきりした虹が出る。
”自分がいないと円を描く虹は出ないんだよ”

f0230770_1620770.jpg


f0230770_16212935.jpg


ヒロ、怯え声で「何か光ってますけど・・・・?」
ほーまんさん「そりゃーもー・・・、ん?、ヘルメット被ってるのに何で?」

f0230770_16274065.jpg


おーきく息を吸い込んで深呼吸~。

f0230770_16301955.jpg


「そー言えば、俺の車なんだかウンコ臭いんだよね」

f0230770_16333842.jpg


「ごめんなさい、私が漏らしました」
  「俺もちょっと漏らしました。すんませんっ」


f0230770_16301955.jpg


「あー、やっぱり今夜は、自分が生きてきて起こった、いろ~んな出来事を、若者達に語り明かそう。うん、そうしよう」


f0230770_16333842.jpg


「私むりむり、勘弁して」
  「俺もご勘弁願いたいのであります」

f0230770_1652185.jpg


由布川峡谷キャニオニングツアー、ゴール!!
[PR]
by zanryuuroku | 2012-05-04 16:55 | 由布川峡谷