キャニオニングと九州全土の川記録&カヤック・カヌー等


by zanryuuroku
どーもー、ひろカワウソです。
あれですねー、待ち合わせ場所でゲストの方と会って、ふっと一人になった時、
あと、スタート前に装備を渡してふっと一息ついた時、声を掛けられるときがありますね。

それが周りを気にしながら、とか、近くに他に人が居ないとかって場合、
こんな話になる事があります。

「あのー、何も聞いてないんですけど・・・・。滝が有るんですか?」

まーこう聞いてくるのは大抵男性ですね。

お前もこい! よし行こう!

的なノリなんでしょうかね。行くと言ったからには、どこで何をするかは深く詮索すると男じゃーない、みたいな。

いーんですよ、大概の場合はそれでまず問題ないんでしょうから。

でも、何か胸騒ぎがする「今回はちと雰囲気違うぞ・・・・」

んで、周りを気にしながら「あのー、何も聞いてないんですけど・・・・」のくだりになるんでしょうかね(笑)

そんな風な参加も”有り”ですよ。

HPにしっかり目を通してきても、あの景色に出会ったら皆フリーズするんだから(笑)

知らずに参加したら、もう別次元のフリーズが待ってるよ(笑)

f0230770_22484866.jpg


f0230770_22494638.jpg


「よく聞け君たち、カワウソもスタートの時はまじめな話をするんだよ」

f0230770_2252292.jpg


この人と

f0230770_22523747.jpg


この人は同じ人(笑)

f0230770_22532377.jpg


この方と

f0230770_2253551.jpg


この方も同じ人(笑)

f0230770_22545369.jpg


f0230770_22554166.jpg


滝から降りた時に、カラビナを浮きながら外す練習風景。
「あのー練習なのにパニクらないでね」

f0230770_230973.jpg


さー滝の上の景色。写真では伝わらないのです、この景色の凄さは。

f0230770_2313374.jpg


この写真は滝を降りた後ですよ。

ちゃんと降りました(笑)

f0230770_2335673.jpg


チョックストーンの下で、「幸運よ俺に落ちて来い」とでも言っていそうな。

幸運を体に充満しまくって家に帰ってね。
[PR]
by zanryuuroku | 2012-08-20 23:18 | 由布川峡谷
どーもー、ひろカワウソです。
10年振りに会った女性の友人に、「ぜんざいが好きだ」
と言ったら爆笑されました・・・・。なぜ?

この時期は冷たいぜんざい美味しいよね。
白玉屋新三郎の白玉でぜんざい食べたひ・・・・。
お盆には亡くなったばあちゃんの「おはぎ」が食べたくなりますね。
菊屋さんのおはぎも大好きです(笑) いつもはプリンどらだけどね~。

さて、ツアーの模様ですよ。

f0230770_18412614.jpg


f0230770_18415089.jpg


f0230770_18485188.jpg


元気いっぱいのチーム山ガールと、チーム親族と、チーム仲良し夫婦
別々のチームでも仲良く話が弾んでたな。
なんたってリピーターさん達なので、オッターのツアーは理解してるらしい。

f0230770_18541819.jpg


カワウソがどんなキャラなのか、分かってくれてるんだもんね。

f0230770_1855377.jpg


ケツを打ってイテーと顔をしかめるHさん(笑)

f0230770_18583782.jpg


f0230770_1859112.jpg


滝の降り方は色々。滝の表情も色々。私の心は七色。

f0230770_1925533.jpg


飛ばなきゃならん時は、潔く飛ぶのだ。
飛べんのならば・・・・、「ヒロさん押して・・・・」と甘え声で言ってみよう。
優しくソフトに背中を押して差し上げまする。
けっして”突き落とす”とは言って欲しくない。

f0230770_1943248.jpg


f0230770_1991865.jpg


ツアー中に降り出した雨も、オッター軍団のテンションを下げる事は出来ない。ふっふっふ。

f0230770_19122160.jpg


f0230770_19125683.jpg


すべってすべって、飛んで飛んで。
藤河内渓谷は遠くても、時間を掛けて来る価値有りですよ!!

ご予約をお願い致しまする~。

オッターのHPは、右上のオッターマークをクリック!!
[PR]
by zanryuuroku | 2012-08-17 19:19 | 藤河内渓谷
どーもー、ひろカワウソです。

今日も元気に川に出撃してきましたよ。

藤河内渓谷は一般の観光客の方も沢山見えられてました。
子供を綺麗な川で遊ばせたいと思うのは親心ですもんね~。
藤河内渓谷は透明度抜群ですから。

さて、ヒル・蛭には気をつけて下さいね。
居ますのでね。どこからか忍び寄ってくるヒル。

今日はツアーに参加した男子が、ヒルに血を提供してました。そうとう満腹だったのか、でかかった!
うなじに吸い付いてましたよ。

f0230770_21571938.jpg


「ヒロさん、キモチイイ~~」
川の中は別世界。
ウェットスーツを着てないと長く泳いでられないんですよ。水温低くって。

f0230770_21595037.jpg


岩の上を流れる水が綺麗過ぎて見えない。

f0230770_2204626.jpg


f0230770_222144.jpg


ほほー、この写真面白い。なんだか跳んでるね。

f0230770_226190.jpg


「to be to be ten made to be」←これ分かる?

昔流行った気がする。

f0230770_2284239.jpg


大阪から来た3人組も、みんなを楽しませてくれました!!

参加してくれたみんな、ありがとうね!!
[PR]
by zanryuuroku | 2012-08-12 22:12 | 藤河内渓谷
藤河内渓谷のキャニオニングツアーにて、小学生のツアー参加が可能になりました。

1日限定2名とか。

大人1名につき、子供1名の参加とか縛りはありますが、お子さんをお持ちの親御さんはツアーへの参加、ご検討くださいませ。

https://sites.google.com/site/otterdownstream/home/fujigouchi-keikoku/xiao-xue-shengnotsua

詳しくはHPにてご案内しています。↑ のアドレスです。

f0230770_23192928.jpg


f0230770_23195273.jpg


これまで、お問い合わせは多かったのだけれど、お断りしてましたのでね。

ようやくご要望にお答えできるかと思います。

ご予約よろしくお願い致します。

オッター ダウンリバークラブ
[PR]
by zanryuuroku | 2012-07-31 23:26 | 藤河内渓谷
どーも-、ひろカワウソです。

藤河内(ふじかわち)渓谷は絶好の避暑地ですよ~。

標高が高いので下界よりだいぶ涼しいです。

でも蛭には気を付けてね。いるよ・・・・、すぐそこに・・・・。上からぽとっと落ちて来たり、下から這い上がってきたり・・・。



さて私、カワウソがやっているオッターのキャニオニングツアー、夏になって絶好調です(笑)

梅雨の増水で、流れてきて邪魔だった岩もどけて、去年とほぼ同じ感じです。

今週末は予約空いてます。予約予約、電話してね。

台風後で増水していつもよりさらに!楽しくなる予感。

f0230770_19204580.jpg


「こけた!! ねえ男子、助けて~!」
「はい、一人で立とうね~」

f0230770_19222273.jpg


「ガイドのケーコ姉さんに擦りよっとこうぜ、優しそうだし」

f0230770_1923919.jpg


「うっひょ、浮いてる!」

f0230770_19262169.jpg


f0230770_19273598.jpg


「イッテ、誰かに引っ張られてる。カワウソ?」

f0230770_1929319.jpg


「カワウソの説明はちゃんと聞きましょうね」

f0230770_1932261.jpg


「飛ぶわよ、私の後に続け~」

f0230770_19332264.jpg


「じゃぼ~~~ん」

f0230770_19343063.jpg


最後の集合写真。はいチーズ!!

オッター ダウンリバークラブ

でご予約お待ちしています。
[PR]
by zanryuuroku | 2012-07-30 19:42 | 藤河内渓谷
どーもー、ひろカワウソです。

ほほー、ゴールデンウィークのお客様。嬉しい!
4月29日のキャニオニングツアーのレポートです。

ゲストは東京から。
そういえば、どうやってOTTERの事を知ったのか・・・・、聞くのを忘れてた。
まー、ネットで拾ってくれたんでしょうけど、検索で上位に食い込むとも思えんし・・・・。

直前まで雨予報だったのに、雨は又擦れ、違う、後ズレしてくれて、気温の高い良い塩梅の日和でした。

f0230770_23172252.jpg


f0230770_23201272.jpg


やっぱ由布川はいい川だなー。
なんだろうね、この強烈なインパクトは。
苔むした川、といえば、カワウソにとってその代表格は屋久島の白谷雲水峡だったけど、由布川と出会ってからはどちらも甲乙付け難いですな。

f0230770_23262169.jpg


↑ 中央の赤と白の点が人です(笑)

f0230770_23282867.jpg


「おいおい、この滝高すぎねーか? おれちょっとギブ!!」

f0230770_2329947.jpg


「俺ヘーキ!!どーーーよ!!」

f0230770_2328489.jpg


「ふー、みんな15mの滝降りてきた、とりあえず作り笑いしとこうぜ」

f0230770_23344719.jpg


滝と、奥にはチョックストーン

f0230770_2336461.jpg


苔の青さがみずみずしく、僕らの足ははかどらない。

f0230770_23375347.jpg


こんな滝に出会ったときは・・・・、僕らは被写体として何をすべきか・・・・。
「じゃあこんな感じで(笑)」
[PR]
by zanryuuroku | 2012-04-30 23:43 | 由布川峡谷
どーもー、ヒロかわうそです。
何か福岡・熊本は梅雨の様なお天気だとか? まじっすか?
大分も曇天続きだけど、梅雨ってまではないなー。
藤河内渓谷は水量減ってる・・・・、やばいぞ。雨降れ!!

f0230770_23121694.jpg

f0230770_23112282.jpg


ここのところ、予約日が近くなると聞かれるのが、「雨でもやるんですか?」
ウェット着て、PFDまで着るのに何をいまさら・・・・。
泳ぐのを大前提にした装備でしょうに・・・・・、なんて思っても、電話越しの、もしくはメール越しのかわうそはあくまで優しくお返事いたしますよ。
「雨でもやります~、ウケケ」

f0230770_23221541.jpg


 ↑ この人何を叫んでるんでしょうか?

正解は「一昨日デポしたバナナが無くなってる~」でした。

f0230770_23322870.jpg


4mジャンプ? 平気ですよ、膝に力入らないけど・・・。
もし飛べなかったら、かわうそさんにジャイアントスイングで投げてもらおうかしら。

f0230770_23414527.jpg


萌え~

f0230770_23443920.jpg


バナナ泥棒、絶対探し出してやる!!

f0230770_23472574.jpg


もしかしておまえらか? お前なのか?
「違います、私じゃありません」
「知ら~~ん」
「あんた証拠も無しに疑ってんじゃないよ」

f0230770_23561269.jpg


ちくしょーー、お前らじゃないとなると、誰だよ!
「やったー!! 疑いが晴れた~!!」

f0230770_022395.jpg


やい、かわうそ! あんたに一昨日のアリバイはあるのかい?
一昨日はどこでツアーやってたんだい?
「うっ、藤河内渓谷です・・・・。」
そのバッグを科捜研に回させてもらうけどいいかい?
「・・・・、すみません、私がやりました。」

f0230770_06889.jpg


犯人のかわうそも捕まった事だし、一件落着だね~♪
[PR]
by zanryuuroku | 2011-08-24 00:08 | 藤河内渓谷
どーもー、ヒロかわうそです。

昨日の増水から一転、今日はもう水量的には落ち着いてました。
一日限りのパラダイス銀河でした。

何か・・・?

そういえば、この間大学生のゲスト達が先に温泉に入ってて、後から浴室に入ったので「オイッース!」って挨拶したら

「オイッスだって・・・・」
「古いよね・・・」
「何? 知らない・・・」
「オイッスは無いよな・・・」

永遠の長介バンザイ!!! オレは白い目で見られても永遠にオイッスを貫き通すぞ!!

f0230770_0321618.jpg

f0230770_0334636.jpg


キャニオニングツアー参加者の95%くらいが年下なので、まー年長者の威厳と言いますか、貫禄といいますか・・・、無いですね。
本気のパシリは嫌だけれども、人をあごで使う側にも抵抗を感じるし、「中パシリ」くらいのいい按配なポジションをいつも模索しているかわうそです(笑)

f0230770_0402448.jpg
f0230770_0412553.jpg


由布川渓谷に最初に訪れたときの印象というか、最初に発した言葉は「なんじゃここは!!!」だったんですよ。
太陽にほえろのジーパン刑事になりきって一緒にどうぞ、「なんじゃここは!!!」
唇の両端をちゃんと下げてね。

f0230770_0475144.jpg
f0230770_0482515.jpg


 ↑せーの、「チョックストーン!!」

f0230770_0504511.jpg


「早くお逃げ!、後ろの赤鬼に食べられちゃうよ!」
[PR]
by zanryuuroku | 2011-08-23 00:53 | 由布川峡谷
どーもー、ヒロかわうそです。

昨日の増水から一転、今日はもう水量的には落ち着いてました。
一日限りのパラダイス銀河でした。

何か・・・?

そういえば、この間大学生のゲスト達が先に温泉に入ってて、後から浴室に入ったので「オイッース!」って挨拶したら

「オイッスだって・・・・」
「古いよね・・・」
「何? 知らない・・・」
「オイッスは無いよな・・・」

永遠の長介バンザイ!!! オレは白い目で見られても永遠にオイッスを貫き通すぞ!!

f0230770_0321618.jpg

f0230770_0334636.jpg


キャニオニングツアー参加者の95%くらいが年下なので、まー年長者の威厳と言いますか、貫禄といいますか・・・、無いですね。
本気のパシリは嫌だけれども、人をあごで使う側にも抵抗を感じるし、「中パシリ」くらいのいい按配なポジションをいつも模索しているかわうそです(笑)

f0230770_0402448.jpg
f0230770_0412553.jpg


由布川渓谷に最初に訪れたときの印象というか、最初に発した言葉は「なんじゃここは!!!」だったんですよ。
太陽にほえろのジーパン刑事になりきって一緒にどうぞ、「なんじゃここは!!!」
唇の両端をちゃんと下げてね。

f0230770_0475144.jpg
f0230770_0482515.jpg


 ↑せーの、「チョックストーン!!」

f0230770_0504511.jpg


「早くお逃げ!、後ろの赤鬼に食べられちゃうよ!」
[PR]
by zanryuuroku | 2011-08-23 00:53 | 由布川峡谷
由布川峡谷キャニオニングツアー、通常コースに中学生が参加してくれました。

由布川に爽やかな風が吹きましたよ。
普段、由布川峡谷内にはあまり風が吹かないんですが、今日は風向きが良かったのか、爽やかに風が吹いてました。
中学生の爽やかさと、風と・・・、俺はそんな爽やかさ、どっかに落としたな・・・・。
どこかで、見つけたり拾ったら、かわうそまで届けてね。

f0230770_0113787.jpg
f0230770_0105557.jpg

f0230770_0123862.jpg


◎んだバイクで走り出す。行く先も分からぬまま、暗い夜の帳の中を。

ん~、どろどろしてるけど爽やかって、相反してるものを内包しちょりますな。この世代は。
俺の落としてきたどろどろは拾わないでね、マーキングだから・・・。

f0230770_0192716.jpg

f0230770_0204031.jpg

f0230770_0211084.jpg


今日のツアーは少年にとってどんな思い出になるんだろうなー?
なるだけ近づかない様にしないとね、かわうそ菌が感染するから・・・。

f0230770_0232338.jpg

f0230770_0245878.jpg


あ、やばい! 最後に温泉で肩組んで記念撮影したな。
[PR]
by zanryuuroku | 2011-08-18 00:30 | 由布川峡谷