キャニオニングと九州全土の川記録&カヤック・カヌー等


by zanryuuroku

タグ:川遊び ( 36 ) タグの人気記事

おはよーございます、ヒロかわうそです。
珍しく、朝から更新です。まー、ゆうべ力尽きただけですが・・・(笑)

f0230770_842261.jpg

f0230770_843483.jpg


お客さんがレンタルカメラで自分達グループを撮ってる写真が出色の出来だったりする・・・・。
負けた~、負けたよ~、こんな表情してくれねーもん。

f0230770_853597.jpg

f0230770_8543292.jpg
f0230770_8551086.jpg

f0230770_8555218.jpg


何故死んでる? AED持って来ようか?

f0230770_8571797.jpg
f0230770_8573777.jpg

f0230770_8593079.jpg

f0230770_90761.jpg


写真は被写体との距離だなーと感じた今日の写真、もっと肉薄して擦り寄ってすりすりして撮ろう。byテンメイかわうそ
[PR]
by zanryuuroku | 2011-08-13 09:03 | 由布川峡谷

やっと更新。

どうも~、ヒロかわうそです。
先週からブログを更新できてなかったのは、あなたのせい!
誰? だれのせい? あなた!

心当たりがある人は挙手。

由布川に近い場所にネグラ(巣)を確保したのはいいものの、タブレットPCからでは更新出来ず(やり方がわからないだけだけど・・・)やっと家からPC持ってきた。やた!

由布川峡谷キャニオニングツアー、15mの滝下降コースに参加してくれてありがとう!

写真上げるよ。

f0230770_2245025.jpg

f0230770_2262752.jpg

f0230770_2274831.jpg

f0230770_2284622.jpg


あ==、滝を降りる前に記念撮影を一人ずつ撮ってるんだけど、ぶれてる・・・。
ぶれてるよ~~。

はい、だれ? 撮ったの。挙手!

f0230770_22132951.jpg

f0230770_22142323.jpg

f0230770_22152945.jpg


暗い峡谷内では、写真を撮るのは難しいもの、オレが撮っても半数はダメ写真だもんね。ごめんね~。

f0230770_2218778.jpg
f0230770_22183856.jpg


みんなかっこ良かったよ!! ありがとうね。

夏らしい一枚!
[PR]
by zanryuuroku | 2011-08-10 22:22 | 由布川峡谷
どうも~、広川嘘田中です。←変換一つ目のを選択したら、変な漢字になりました。

お陰様で沢山のご予約を頂きまして、本当に感謝感謝です。

ただ、ゆふいん道の駅から由布川の椿入り口駐車場まで、大勢で連なっていくのは難しいかな?
ご予約が少ないうちは良かったのですが・・・・。

今週待ち合わせ場所を変更する予定です。もっと由布川に近い場所へ!

f0230770_105597.jpg

f0230770_10553961.jpg

f0230770_1118391.jpg

f0230770_1056054.jpg
f0230770_10562293.jpg


やはり由布川の景観は、素晴らしく、奥へ行くほど神秘さが増していきます。
狭く狭くなっていきますからね。

感じるのはデットックス的な・・・、体の中から悪いものが吸い取られていく的な・・・・、(ほんとか!)事を感じるのでありますね。ゴールへの登り階段では、体は重いけれど(自重に負けるな!)、心は軽くなった感じですね(笑)

f0230770_1125777.jpg
f0230770_1133761.jpg
f0230770_1135342.jpg


この日は、通常コースと15mの滝下降コースの両方をツアーしてました。

15mの滝を降りてくる”かっこいい姿”を沢山の人に見てもらいました。
どうでしたかね? 自分もやれそう?
”かっこいい姿”を見せたはずのK君は、いつものようにやっぱり首を捻ってました。もっとさらにかっこいい姿が理想のようですね~。
十分かっこよかったんですけどね(笑)

f0230770_1194810.jpg


O君「いいじゃないか、ギャラリーが大勢の中で滝下降したんだから」
K君「いや、ちょっとな~、オレってもっと出来る子だからさ」
O君「オレなんて誰も居ない時に先に降りちゃったんだぞ、ピエロでしょ。何故か滝の奥に人が居る?あんた誰?的な視線を感じたよ」
K君「ロープをかっこよく外すはずだったんだよ、さくっとさ」
O君「オレの話聞いてる?」
K君「帰ったら反省会だな」
O君「オレだって反省会だよ」

f0230770_11155277.jpg


多くのご参加ありがとうございました。藤河内渓谷や由布川の15mの滝下降コースにも参加してくださいね

OTTER down river club

↑のリンクからHPが見れます。ご予約お待ちしてます。ヒロかわうそ
[PR]
by zanryuuroku | 2011-08-02 11:24 | 由布川峡谷
昨日はブログを3本更新して、汗だくだったヒロです。

今日は、いつも利用してる”いやしの湯”さんと”佐伯市観光協会”さんへ、ご挨拶と打ち合わせに行ってまいりました。
両方で良い打ち合わせが出来まして、本当に感謝致します。ありがとうございます。
今後ともよろしくお願い致します。

さて、大分県佐伯市宇目町、藤河内渓谷キャニオニングツアーをUPします。

まだまだ、由布川に比べてマスコミへの露出というか、登場が少ない藤河内渓谷だけれども、写真や動画を見てもらったらこの川の素敵さは伝わるはず。

どっかが取り上げてくれないかな~? どうすか? マスコミ関係者の皆様!

f0230770_215431.jpg


f0230770_21544873.jpg


実は今回のツアーで大発見があったんだよね~。ハート型に削れてる岩を見つけたのだ!
ハート型だよ、ハート型。

でも写真は撮って無い(笑)
邪魔な石を除けたら水が濁っちゃって・・・・、明日のツアーで撮ってこなきゃ。

f0230770_2201596.jpg


f0230770_2203475.jpg


お祈りしてるのは、遊歩道の途中に祭ってある”何かの神様”(笑) どなたか教えて下さいませ。
キャニオニングツアーの安全祈願です。
けっして二人の将来の幸せを願ってるんでは無い筈・・・・、そんな事を祈ってたら、これから川に出撃するというのに不純だ・・・・。
でも不純て言葉は何か魅力的だ・・・。

f0230770_2255469.jpg



藤河内渓谷のキャニオニングツアーは ↓

OTTER down river club

へお願いします。
[PR]
by zanryuuroku | 2011-07-29 22:11 | 藤河内渓谷
頑張れ!オレ!
今日3回目のブログ更新で、ちと朦朧とし始めました。

少年の頃”熟読”した永井豪先生の作品が走馬灯のように・・・。

さて、よく聞かれるのが一番初心者向けのツアーはどれですか?
一番ハードなのはどれですか? 逆に楽なのは?

f0230770_22104013.jpg


体力的に楽な順は、藤河内>由布川通常コース>由布川15m滝下降コース
最初に遊歩道を使って登るので、川を歩くのと違って歩きやすい。
藤河内はゴロタ石が少ないので川が全体に歩きやすい。
由布川は最後に急登の長い階段がある。藤河内は少しの登りですぐゴール。

でも藤河内が初心者向けかって聞かれると・・・、通常コースよりはイベントがいっぱい。
飛び込みとスライダーが一番沢山あるのが藤河内。
でも怖さだけいうと、15m滝下降コースがもっとも怖いみたい。
つまり全部体験しろってことだよ!!

f0230770_2220631.jpg


おっ、華麗な飛び込み。

ネガティブでも優柔不断でもやるときゃやるんだぜぃ!

f0230770_2221546.jpg


「ポジティブな女は豪快に飛ぶわよ!」

その飛び方ってあれだよね、あれ、永井豪先生の・・・、なんだっけ?

f0230770_22235529.jpg


「ヒロさん、もうだいぶ水飲んだよ」
きれいな水だから大丈夫。

f0230770_22275776.jpg

f0230770_22281886.jpg
f0230770_22284546.jpg


「もうだめだ・・・、楽しすぎて死ぬ」
死ぬときは浮き輪は返してね。

f0230770_22305016.jpg


あ~この角度で見たら思い出した、おっぴろげジャンプですね。ウェット着てると悪党は倒せないな~(笑)

f0230770_22331490.jpg


f0230770_22332778.jpg


最後のスライダーは仲良く二人で滑って終~了です。

なんか古い月間ジャンプが読みたくなったのである。
[PR]
by zanryuuroku | 2011-07-28 22:36 | 藤河内渓谷
台風前の雨の日に行ったツアーの模様を載せま~す。遅くなってごめんなさいぃ。

中くらいの雨ならへっちゃらです。通常水位よりちょっと水が多いほうが、滝すべりが増えて楽しい!!
ただ、晴天の日の水の碧さは格別・特別なのでそれは少し残念かなー。

f0230770_1012321.jpg


だらけた感じだけど・・・、スタート地点(笑)
遊歩道をゆっくりだけど登ってきて、汗かいたので、ウェット着て川に浸かるとまたこれが気持ちいいんだな~。

最初に冷たいと思うけど、ウェットの保温力で直ぐに体も慣れるし。

ある意味この夏の時期、温泉より気持ちいい!!

f0230770_1065988.jpg


 ↑さーて、ある程度下って来ると、大好きなこの場所です。
自然の川の美しさが凝縮されてる景色です。しかも滝だらけの場所の”上”に立てるんだからね。

丸いプールの繋がりが美しい。と、私は思ってても、ツアーの参加者たちは足が竦むみたい(笑)
どんなふうに滝を下らされるのかに意識がいくみたいで・・・。

ネットや雑誌の写真や動画で見るのと、自分の肉眼で見る景色はかなり違うので、この貴重な川を是非体験・体感して下さいね。
[PR]
by zanryuuroku | 2011-07-22 10:21 | 藤河内渓谷
こんにちは、ヒロかわうそです。
台風6号はどういう進路をとりますかね? 梅雨に続きまたもや大雨になると、災害が心配です。
オッターのツアーは、7/18日・藤河内渓谷で予定していたツアーを、お客様と相談で中止にしました。
またのご予約をお願い致します。

f0230770_11251449.jpg


ですが、台風の影響が出る前に、週末に行ったツアーの模様をUPしま~す。

f0230770_1129489.jpg

f0230770_11322652.jpg


川開きもあったせいか、カメラが趣味の方々が峡谷の奥にあるチョックストーン付近まで写真を撮りに来られてました。皆さん胸まであるゴム長(ウェーダー)スタイル。
転んだら大変そうだなと思ってたら、頑丈そうな三脚を杖代わりに巧みに行動されてました。
さすがです。
f0230770_1141465.jpg

f0230770_1139982.jpg


我々はその更に奥へ、滝を越えていかねばなりません。↑の写真は「ぷよし」さんが泳ぎながら撮ってくれました。ありがとう!

ツアー参加者には、縄梯子を使って登って貰います。毎回水量が違ったり、流れが変わったりで、その日によってセットも変えなきゃいけません。特に男性にはご協力をお願いしたりします。
今回ぷよしさんにお願いしたのは「滝の落ち口に座ってね」でした(笑)
滝の水圧が強くて、縄梯子が安定しないし、縄梯子にあたって向きが変わった流れが顔面に直撃するのを、座って防いでもらいました。
縄梯子等はその都度持ち帰りますよ。自力で行く?人は気をつけてね。

f0230770_11533388.jpg


泳いで、峡谷の奥の奥にある15mの滝へ。マイナスイオンのミストが充満してて、フラッシュをたくと丸いミストがカメラに写りこんでしまって・・・。でもこの写真は悪くないなーと思って載せました。

f0230770_11573946.jpg


ゴム長を着てる人に「俺も行けるかい?」と聞かれたので、「PFD(ライフジャケット)を着てないと無理ですね~」と答えました。4m滝を越える前にも足がつかないプールがあるし。15mの滝へも結構長い泳ぎがあります。15mの滝の下で、5mくらいの長さの竹を立てても底につかなかった事あるし。

f0230770_126246.jpg


4mジャンプ前に記念写真。この位置で写真を撮ると、後ろのチョックストーンが程良い感じで入るのだ。

f0230770_1295919.jpg


飛び込んだ後に、チョックストーン下でもう一度記念写真!

f0230770_12111312.jpg

f0230770_12121559.jpg


楽しかったツアーの終りに、三人で!
このウェットスーツにヘルメット姿でいると、渓谷内に涼みに来てる人に沢山声を掛けられます(笑)
皆さん興味津々です。 是非体験して下さいね!!

f0230770_12164893.jpg

↑ツアー後、着替えて、温泉に行く前に「おやつタイム」
小雨がパラついたので猿渡入り口に移動して、トイレ上の休憩所です。
最近売店のおばちゃん達とも仲良くなってきた。顔を覚えて貰えたかな?

由布川峡谷キャニオニングツアーはオッター ダウンリバークラブで受け付けてます。
 ↓ 下記リンクをクリック!

OTTER down river club

[PR]
by zanryuuroku | 2011-07-19 12:28 | 由布川峡谷
九州、大分県佐伯市宇目町、藤河内渓谷キャニオニングツアーの動画を、UPです!!

動画を作ってくれたのは、いつもヒロかわうそをサポートガイドしてくれるユージです。
ありがとうね!! 感謝の気持ちを大盛りで。




藤河内渓谷キャニオニングツアーはオッター ダウンリバークラブで受け付けてます。
 ↓ 下記リンクをクリック!

OTTER down river club

[PR]
by zanryuuroku | 2011-07-15 14:49 | 藤河内渓谷
みなさん、こんにちは! オッター ダウンリバークラブ 代表の ヒロかわうそ田中です。

週末土日は藤河内渓谷でキャニオニングツアーを行いました!!

f0230770_1916235.jpg


↑滝の裏から青空を写した写真。

滑らかで巨大な一枚岩を流れる、まさに清流。透明感抜群、碧い水、明るく開放感のある渓谷。

オッターがツアーを行っている、もう一つの由布川峡谷とは対極にあるような川です。

f0230770_19163435.jpg


↑スタート前にパチリ。まだ緊張してるかな?
背後に写ってる川を下ります。

f0230770_19171125.jpg


↑「うひょ~~、気持ちいぃ~~。ヒロさん、何すかこの透明度!」

f0230770_19175095.jpg

f0230770_19183348.jpg


盛夏になったとはいえ、川の水は冷たいもの。
でも長袖のウェットスーツなら、長い時間泳いでも平気です。転んでも怪我の予防になるし。
滑ってもお尻は痛くない。

f0230770_1919215.jpg


↑浮き輪を使って滑る滝。浮き輪に腹這いだったり、座ったり。結構スピードが出るので、2回・3回とトライする人も。

f0230770_19192726.jpg


↑滝の裏というか、滝の中にある空間に入ってパチリ。

f0230770_19195417.jpg


↑みんなの後ろには小滝の連続が続いてる。滝だらけの絶景を前にしてパチリ

f0230770_19201784.jpg


↑約5mの滝を、飛び込む前に弾むトークタイム。いったい何を話してるのかな?
「あおいちゃんが飛べると思う人?」
「・・・・」
「・・・・」シーン

次に来た時飛べなかったら、ほんとに突き落とすかもよ(笑)

OTTER down river club

ご予約や詳しいツアー内容は↑のリンクからHPをご覧下さいね。
[PR]
by zanryuuroku | 2011-07-11 19:09 | 藤河内渓谷
こんにちは!! ヒロ かわうそです。
今週も川に帰って元気です!

最低気温が25度近い日が多くなってきて、熱帯夜だ・・・。毎夜べたっとしながら寝てるのだ。

だから川へ出て元気を貰うのだ!

f0230770_18591859.jpg


久しぶりに、由布川キャニオニングツアーの”通常コース”
下流から川を遡り、15mの滝まで行くのだ。

f0230770_192498.jpg

 ↑流れのあるところを登ろうとして~
f0230770_1932770.jpg

 ↑落ちた(笑)

体重の軽い女の子とか、たまにあるな~。女子よ水圧に負けるな。
男子は手を差し伸べるのだ。
カワウソは手を貸さんぞ・・・・・・、こける姿が見たいから。

f0230770_198989.jpg

 ↑ 「気持ちいぃ~、つーかまーえた。逃がさね~」とでも言っているのだろうか?

f0230770_19171868.jpg

 ↑ 「ヒロさんこの岩、マシュマロみたいに軟らかいですよ」

これこれTちゃん、にこやかな顔で嘘をついてはいけないよ。

f0230770_19212161.jpg

 ↑ 「ヒロさん、つま先で歩くと、恋も足腰も同時に鍛えることが出来るんです。つま先~で♪ たったま~ま~♪ 二人愛し~て~き~た♪」

これこれY君、キャニオニングでつま先歩きは怪我するからやめなさい。でも村下孝蔵はナイスだ!

f0230770_19304030.jpg


15mの滝を十分に堪能したかなと思い、「寒くない、そろそろ引き返す?」と聞いたら
「いやです、まだ泳いでたい」
・・・・・。
「そろそろ・・・・」
「いやです」
・・・・・。
「そろそろ・・・・」
「ずっと居る」
・・・・・。

f0230770_1937509.jpg


やばいよ、そろそろ引き返さないと、黄泉の国への入り口が開くよ~。
「しかたないな~」

f0230770_1941887.jpg


ゴールにて
黄泉の国からの使者が来ても、俺達負けないぞ! かかってこい!

今回のブログは大幅にフィクションです(笑)

OTTER down river club
[PR]
by zanryuuroku | 2011-07-03 19:48 | 由布川峡谷