キャニオニングと九州全土の川記録&カヤック・カヌー等


by zanryuuroku
どーもー、ひろカワウソです。

川遊び大好き! なアウトドアチーム?同好会?がオッターのキャニオニングツアーに遊びに来てくれました。

話を聞いてると、球磨川とかアッパー川辺川でラフティングをやったみたい。
「いいね~!」

そのラフティングの話を聞いて、ちょっと郷愁に浸るカワウソです。

球磨川に行きたくなる事は無いんだけれども、川辺川には思い入れがあるんです。

球磨川の支流だけれども、川辺川と球磨川は別物と考えてるカワウソです。

このブログも、最初のタイトルは「川辺川 残流録」だったんですよ。実は。

それが「ひろ カワウソ的 残流録」に変わり、

今や「オッター ダウンリバークラブ 川遊び 残流録」なんです。

アッパー川辺川、良いですね!

最近は増水時の濁りはどうなんだろうか?

秘境区間と名付けた川辺川の上流部も大好きだ。

支流の五木小川もチョー楽しい。

増水して、水量が増した川辺川水系の素敵さは初恋の女性と似ているな~。
忘れられない。
カワウソの川遊びは川辺川から始まりましたから・・・・。

もし川辺川が ”常時ダウンリバーできる水量がある” なら、オッターは川辺川水系で営業してた可能性が高いな~。

でも増水しないと下れないから、雨待ちでカワウソ干からびてしまいそう。


今日参加のチームはいい経験したね。川辺川を下れたなんて。

f0230770_15401757.jpg


PFD(ライフジャケット)の説明をツアー前に毎回するんです。

その時、「PFDは何の略でしょうか?」って聞くんですよ。

このチーム、
P パッと見
F 普通の
D デブ

だって・・・・。

f0230770_1545590.jpg


f0230770_15454485.jpg


「俺ね、このくらいの高さ、全然全然へーき」

f0230770_1547884.jpg


一番手前の白ヘルメット君「やばい滝高い、やばい魂が抜けそう」
ほんとに魂が抜けてるとこが映ってる??? まじで!?

f0230770_15495549.jpg


滝の中の空間。滝の落ち口を中からパチリ。
カワウソ、こういうとこずーっと居たい。

f0230770_15522471.jpg


滝と、空と、巨大な岩と、白ヘルメット君。
魂が有るのはどれ?

正解は・・・・、言わない!

f0230770_1555307.jpg


滝の途中で岩に引っ掛かった女の子「カワウソさん笑ってないで助けて!!」

「くくくくく(笑)・・・・。」

f0230770_15574262.jpg


加速してゆく二人スライダー
加速してゆく時間の流れ
加速してゆく楽しい時間

f0230770_1604496.jpg


ツアーを終わる時によく言う言葉。川を遊びつくして「満足した?」
「お腹いっぱいです!」
って言ってもらえたら、最高の褒め言葉なんだよ。
[PR]
# by zanryuuroku | 2012-08-22 16:04 | 藤河内渓谷
どーもー、ひろカワウソです。
あれですねー、待ち合わせ場所でゲストの方と会って、ふっと一人になった時、
あと、スタート前に装備を渡してふっと一息ついた時、声を掛けられるときがありますね。

それが周りを気にしながら、とか、近くに他に人が居ないとかって場合、
こんな話になる事があります。

「あのー、何も聞いてないんですけど・・・・。滝が有るんですか?」

まーこう聞いてくるのは大抵男性ですね。

お前もこい! よし行こう!

的なノリなんでしょうかね。行くと言ったからには、どこで何をするかは深く詮索すると男じゃーない、みたいな。

いーんですよ、大概の場合はそれでまず問題ないんでしょうから。

でも、何か胸騒ぎがする「今回はちと雰囲気違うぞ・・・・」

んで、周りを気にしながら「あのー、何も聞いてないんですけど・・・・」のくだりになるんでしょうかね(笑)

そんな風な参加も”有り”ですよ。

HPにしっかり目を通してきても、あの景色に出会ったら皆フリーズするんだから(笑)

知らずに参加したら、もう別次元のフリーズが待ってるよ(笑)

f0230770_22484866.jpg


f0230770_22494638.jpg


「よく聞け君たち、カワウソもスタートの時はまじめな話をするんだよ」

f0230770_2252292.jpg


この人と

f0230770_22523747.jpg


この人は同じ人(笑)

f0230770_22532377.jpg


この方と

f0230770_2253551.jpg


この方も同じ人(笑)

f0230770_22545369.jpg


f0230770_22554166.jpg


滝から降りた時に、カラビナを浮きながら外す練習風景。
「あのー練習なのにパニクらないでね」

f0230770_230973.jpg


さー滝の上の景色。写真では伝わらないのです、この景色の凄さは。

f0230770_2313374.jpg


この写真は滝を降りた後ですよ。

ちゃんと降りました(笑)

f0230770_2335673.jpg


チョックストーンの下で、「幸運よ俺に落ちて来い」とでも言っていそうな。

幸運を体に充満しまくって家に帰ってね。
[PR]
# by zanryuuroku | 2012-08-20 23:18 | 由布川峡谷
どーもー、ヒロかわうそです。

親子+同級生の3人ツアーやってきました。

いつもお世話になってる転瀬さん親子の登場です。

いやー、長男がでかくなっててビックリ!!

かわうそ、見下ろされてるし・・・・。すいませーん15センチ越えのシークレットブーツ下さい。
くあー、靴底加工しないと爪先立ちしても厳しい・・・。

少年はあっという間に育って行くのだなぁ。

f0230770_23592032.jpg


似てる、似てるぞ、やっぱ親子。

f0230770_001931.jpg


滝に出来た一瞬の隙間からのぞく顔。

f0230770_011643.jpg


転瀬さんのこんな写真は珍しい気が・・・・。親子ツアーだから?

f0230770_032799.jpg


同級生のモッチー君。横向きで滑ってるね(笑)

f0230770_044073.jpg


体操の内村のように綺麗な着水だす。

f0230770_054175.jpg


f0230770_061464.jpg


流れる~、ふふふんん~♪

f0230770_071542.jpg


跳ぶんぶんぶぶん♪
[PR]
# by zanryuuroku | 2012-08-19 00:11 | 藤河内渓谷
どーもー、ひろカワウソです。
10年振りに会った女性の友人に、「ぜんざいが好きだ」
と言ったら爆笑されました・・・・。なぜ?

この時期は冷たいぜんざい美味しいよね。
白玉屋新三郎の白玉でぜんざい食べたひ・・・・。
お盆には亡くなったばあちゃんの「おはぎ」が食べたくなりますね。
菊屋さんのおはぎも大好きです(笑) いつもはプリンどらだけどね~。

さて、ツアーの模様ですよ。

f0230770_18412614.jpg


f0230770_18415089.jpg


f0230770_18485188.jpg


元気いっぱいのチーム山ガールと、チーム親族と、チーム仲良し夫婦
別々のチームでも仲良く話が弾んでたな。
なんたってリピーターさん達なので、オッターのツアーは理解してるらしい。

f0230770_18541819.jpg


カワウソがどんなキャラなのか、分かってくれてるんだもんね。

f0230770_1855377.jpg


ケツを打ってイテーと顔をしかめるHさん(笑)

f0230770_18583782.jpg


f0230770_1859112.jpg


滝の降り方は色々。滝の表情も色々。私の心は七色。

f0230770_1925533.jpg


飛ばなきゃならん時は、潔く飛ぶのだ。
飛べんのならば・・・・、「ヒロさん押して・・・・」と甘え声で言ってみよう。
優しくソフトに背中を押して差し上げまする。
けっして”突き落とす”とは言って欲しくない。

f0230770_1943248.jpg


f0230770_1991865.jpg


ツアー中に降り出した雨も、オッター軍団のテンションを下げる事は出来ない。ふっふっふ。

f0230770_19122160.jpg


f0230770_19125683.jpg


すべってすべって、飛んで飛んで。
藤河内渓谷は遠くても、時間を掛けて来る価値有りですよ!!

ご予約をお願い致しまする~。

オッターのHPは、右上のオッターマークをクリック!!
[PR]
# by zanryuuroku | 2012-08-17 19:19 | 藤河内渓谷
どーもー、ヒロかわうそです。

由布川の通常コースに参加されたゲストさん達は、15mの滝を見て「この滝を降りるなんて無理!!!」と言います。

そうね~、激しく水が落ちてきて、暴風のような風が吹いてて、ゴーゴー音も凄いもんね~。

降りるなんてまったく想像も出来ないかもしれないな~。

でも降りれるんだけどね!

そりゃー、参加してもらうしかない。

そうさ、参加しろ、俺だ俺だ俺だ!

f0230770_0493344.jpg


で、参加したメンバーがこの面々。

予約のメールで「運動不足の女子でも大丈夫ですか?」と聞かれても、

大丈夫です!! 多分(小声で・・・)

当日、申し込み用紙に記入した後に、「身の程知らずにも、つい参加する事になってしまったんですけれど・・・・。」と言われても、

大丈夫です!! 多分(小声で・・・)

f0230770_056312.jpg


さー、ツアーに出てしまえばこっちのもの、フフフ・・・。

滑らかな側壁と滝を堪能しつつ、ツアーは進む。

f0230770_058355.jpg


5mのジャンプも・・・・、逃げようが無い。あるけれど逃がさない。

f0230770_10260.jpg


ゲストさん達「あれ? 先が無いぞ?」
「どうなってんの?」
「え~~!!!」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

全員フリーズ。

f0230770_125148.jpg


↑ ゲストさん達が見た景色。

写真じゃ~、迫力と静謐さが伝わらないのが残念。

f0230770_152489.jpg


「どうにかして戻れる道無い?」
力無く引き返そうとする彼ら・・・・・。

でも後ろは5mの滝に阻まれて、後退なんぞできゃーしないのさ。

覚悟を決めろ!!

腹を括って降りる、もとい、降ろされるしかないのさ。

かわうその操作するロープに全てを委ねなさ~い。

参加したゲストさん達は走馬灯を見てるな、多分。
あの死ぬ直前に見るってやつね。

大丈夫、無事に下に降りれるから。

f0230770_1133387.jpg


降りてる途中の写真は無いので、無事に降りてツアーが進行してる写真を。

喜怒哀楽の怒以外の感情がMAX振り切れるらしい(笑)

まー参加して頂戴。そうとしか言えない。

オッターのHPは右上のオッターマークをクリック!!
[PR]
# by zanryuuroku | 2012-08-16 01:21 | 由布川峡谷