キャニオニングと九州全土の川記録&カヤック・カヌー等


by zanryuuroku

<   2012年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

どーもー、ヒロかわうそです。

藤河内渓谷は今日は最高のキャニオニング向けの水位でした!!

透明度の高い綺麗な川の水、美しい滝。幸福を噛み締めて来ましたよ。

今が水量豊富でめちゃくちゃ楽しい!!

f0230770_18342152.jpg


f0230770_18361182.jpg


普段、キャニオニングをやってる区間に、カヤックを持ち込みましたよ!
滝とかほぼ全部カヤックで下りました。

f0230770_18344681.jpg


この滝だらけの川をカヤックでダウンリバーするのは、かわうその悲願でしたからね~。
藤河内渓谷と出会って、常に頭にあったのはカヤックで下りたいって事。
もちろんキャニオニング中も、「いつか、いつか下ってやる!」と思ってました。

f0230770_18404765.jpg


でも、なかなかカヤックに適した水量にならないんですよ、これが。
去年もずーっと狙ってたんですけどね。
梅雨時期か、台風後の1日ですからね。
明日にはカヤックで下るには少ない水量になってしまうんで。
昨日では多すぎるし、明日では少なすぎる。水位の程よさが難しい・・・・。

f0230770_18462513.jpg


滝をカヤックで降りる、落ちる、飛ぶ・・・・、「 快感 」 
これはどうにも、かわうその拙い文章力じゃ表現できないな~。

f0230770_1849052.jpg


カヤック人生の集大成を、また一つ成し遂げた満足感でいっぱいです(笑)

  ↓  のは去年の藤河内渓谷キャニオニングツアーの模様をスライドショーにしたものです。
見てくださいね。


[PR]
by zanryuuroku | 2012-06-29 18:54 | 藤河内渓谷
どーも、ヒロかわうそです。

鹿児島県では沢山雨が降ったようですね。
土砂崩れとか発生してますね。いかんですね。

今年の梅雨は、もう既に梅雨末期によくあるどしゃ降りが起こってて、警戒が必要ですね。
6月には珍しい台風もありましたしね。

かわうそは濁ってる川が嫌いなので、出来るだけきれいな川にしか出撃しません。

普段濁ってない川が、増水して濁ると危険信号かなと感じます。
どこかで土砂崩れが起きてるかも・・・・しれないし。まーほとんどは土砂崩れではないんだけど。

県とか国交省とかがネット上で出してる雨量とか、河川水位とかはいつも気にしてます。
そして川を実際に見て、水位や今後の天気予報とか色々判断材料にしますが、しょっちゅう川を見てないと難しいですね。



大分は増水すると、下れる川の宝庫ですね!
特に県南は増水しても濁らないなー。素晴らしい☆

事務所を三重町に置いた効果かな、県南の川を中心に色々見て回ってます。
去年から、水位の低い時期にあちこち川を見てきましたからね。

今回カヤックでダウンリバーしたのは中岳川です。増水してます。




今週末の天気予報が曇りになりましたね!
絶好の藤河内渓谷キャニオニングツアーの水量になりそうです。
これは体験して欲しい♪
予約お願いします。
[PR]
by zanryuuroku | 2012-06-28 09:34 | カヤック

大増水の後の・・・。

どーもーひろカワウソです。

藤河内がある宇目町では、積算雨量700ミリだとか・・・・。

よく降ったなー、まだ降ってるけど。今日も明日も雨だけど・・・。

f0230770_7495695.jpg


f0230770_7501451.jpg


雨大好き!! でもあんまり降りすぎて災害が出ては困るな~。
アジサイも大好きです。

f0230770_751491.jpg


f0230770_752117.jpg


大増水している藤河内渓谷だけど、水は濁る事無く綺麗です。

さっすが!!!!

この水位ではツアー出来ない。

でもでも、もっと減っていって、ツアーが出来る水量になってくると 「最高に楽しい!!」 水位に・・・・。

水量が少な目より、大目のほうが断然楽しいんですよ(笑)


最後に、中岳川の沈下橋に・・・・・

f0230770_7582511.jpg


沈下橋はこんな風に沈むととーっても危ないです。巨大ストレーナーになります。

鹿は上流から流れれてきて引っかかったかな。
[PR]
by zanryuuroku | 2012-06-26 07:59 | 雑録
どーもー、ヒロかわうそです。

梅雨入り直後に行った、本匠村の銚子渓谷のリポートです。

といっても今回は写真が1枚だけど・・・。

えー、いつもの病気で、カヤックで滝落ち出来そうな滝を探してうろうろしております。

銚子渓谷の、銚子の滝はどうだろう? という事で行ってきました。

f0230770_23273316.jpg


こんな滝です。

水量は少ない時期ですね。雨は降ってたけど、水かさが増える程のまとまった雨量ではなかった頃です。

水質はまあまあ・・・・、抜群というほどではないかな。藤河内渓谷と比べてはいけないのかもしれないな~。藤河内渓谷が良過ぎるんだもんね~。

滝の高さは10m位ですかね。
比較的滝つぼは浅いです。
水量が増えて、滝が前に飛び出してくると状況が良くなるかもしれませんね。
落ち口付近が直角でなく、斜めに出てるので、滝の水も増えれば飛び出しそう。

ただね~、この渓谷は下れる区間が短い。

短いのが難有りです。
「短くても下っちまえ、どぼ~ん!!」ってのも、増水してたら有りかもね。
[PR]
by zanryuuroku | 2012-06-22 23:39 | 雑録
どーもー、ヒロかわうそです。

台風の大雨で増水してるので、いてもたってもいられないかわうそです。

うずうず。

普段は水量が少なくて下れない川を、下るなら今だ!!

って事で行って来ました。「 鐙川 」
清流として有名な小川の支流です。国道10号線沿いの川ですね。

JR日豊本線の宗太郎駅→市棚駅までの約10キロ
増水してるので、宗太郎駅より上流も良さそうなんだけど、何せ一人なので車回しが出来ない・・・・。バスも無いし。ニアリーJRでやるしかないな~。

f0230770_9181252.jpg


川はこんな感じです。白濁りしてるのが残念ですが、この日他の川はもっと濁ってる川がほとんど。

鐙川。この川かわうそ初めてです。初ダウンリバー♪ウキウキ!

国道10号線沿いの川なので、あちこち護岸はありますが、なかなかいい川です。
多分水量が多かったから、流れにばかり目が行って、護岸の印象が薄れたか?

川のグレードは球磨川くらいに感じたけれど・・・・。水量はいつも違うし、増えればもっと難しくなるし、減れば易しくなるけど、減りすぎれば下れなくなる(いつもは少なくて下れない川)

f0230770_9315577.jpg


キーパーもあったし、壊れた護岸もあるので、用心は必要です。

下の動画の感じでダウンリバーしましたよ♪


[PR]
by zanryuuroku | 2012-06-21 09:37 | カヤック
南から吹く風は湿りを含んでいて、気温のわりには発汗が多い。
太陽を遮る雲は、いつもより濃い塊に見える。
湿った空気の中を足早に歩くと、じっとりと汗をかきそうで、いく分か緩慢に動くような事を意識する。
見慣れた渓谷への入り口は、先週までの春から、梅雨を含む夏へと季節が移ったと物言わず告げてくる。

もうすぐそこまで来ているのかと、足音を気にして振り返っていたら、いつの間に追い越されたのか先に到着していた親しい友人の様だ。
夏は静かに私の周りに佇んでいた。

帽子をテンと叩いた一粒の雨は夏のいたずらか。
見上げても、耳を澄ましても雨の気配は無い。

川の音を聞きながら橋を歩く。
眼を閉じて川の気配、空気を感じてみる。
水量はいつもどおり。
側壁から滝が落ちて川面を叩く音。
複雑な瀬音。
小さな蛙の声。
首筋を通り過ぎて行った蜂。
二の腕に絡んだ蜘蛛の糸。
足裏の小石の感触。

川の装備をまとって、又今日も川に入れる幸せ。

f0230770_9473869.jpg

滝の衣を身にまとい・・・・。
メットが白で見えにくい。
小林幸子の衣装の様だね。

f0230770_9504217.jpg

f0230770_9514871.jpg


登り口は滝の中から。出口は滝の途中から。
もう一度飛びたければ上へまいります。

f0230770_9535346.jpg


ちゃんとここまで聞こえていますよ、あなたの笛の音。
笛を吹き返すけど、あなたに私の笛の音は聞こえていますか?
[PR]
by zanryuuroku | 2012-06-18 09:58 | 由布川峡谷

名水の滝、訪問

どーもー、ひろカワウソです。

今週由布市庄内町の男池涌水群と名水の滝を訪れました。

名水の滝は男池の下流にありまして、湧き出した水を沢山含む川の滝になっています。

なので名水の滝なんでしょうね~。

大分の地元雑誌で名水の滝の写真を見つけたので、早速見に行きたくなったカワウソ。

その雑誌の写真の名水の滝に、強~く惹かれたんですね~。
何でかって言うと? カヤックで落ちれそうだったから。

高さも程よくって(約10mらしい)、水量もありそうだったもん。

f0230770_2083694.jpg


楽しみにしながら、名水の滝への階段をいそいそと下ります。
「が~~~ん・・・」
滝つぼが浅い・・・・。残念・・・。カヤックで降りれない。

いい滝なんだけどな~。普通の人と視点が違う私(笑)

右岸側に遊歩道があって、男池と繋がってるのでお散歩する事に。

f0230770_2023138.jpg


蛇行している川を見ると、ついパノラマで撮ってしまう習性のあるカワウソ。

f0230770_20244044.jpg


気持ちの良い、林の中の遊歩道。
林のカホリがイイ・・・。うっとり。
こりゃーいい遊歩道だ~。

f0230770_20304592.jpg


透明度の高い川を見ながらの、森林散策です。
全体が庭園の雰囲気を持ってますね。

f0230770_2033524.jpg


防水カメラを水中に入れてパチリ。
透明度の高さがとっても素敵。

滝落ちは空振りだったけど、大満足の男池涌水群でした。


帰りは長湯温泉の千寿温泉へ。入浴料100円。
[PR]
by zanryuuroku | 2012-06-15 20:43 | 雑録
ドーモー、ひろカワウソです。

突然ですが、私の嫌いなもの、蛭(ヒル)

これまで長くアウトドア遊びをやってて、蛭に襲われたことが無かった。
それが、この5月かな、初めて蛭に襲われて、しかも6匹も同時に・・・・・。

ぱんぱんに膨らんだ蛭のグロい事グロい事。
しかも取れないのね、簡単には。

引っ張ってもヌメルしうまく掴めない。
それでも力を込めて思いっきり引っ張ると半分に千切れたり。
蛭、テメ、死んでも離さんのかいぃ!!

無理やりにでも引き剥がさないとね。
でも、無理やりやると皮膚を食い千切られるから血が3時間も4時間も止まらない。
血が止まらない成分を注入するらしいね、自分が吸うために。

なので、調べました。何か良い手はないかと・・・・。

アルコールが効くらしい。
効きました!!!!
なので動画撮りました(笑)




ね、簡単に取れるでしょ!
血も割りと早く止まったよ。食い千切られてないから。
[PR]
by zanryuuroku | 2012-06-14 23:20 | 雑録

取材&収録

どーもー、ヒロかわうそです。

由布市の観光課の方、地域振興課の方、大分放送OBSラジオの方々と由布川渓谷(峡谷)に行って参りました。

由布川渓谷の猿渡入り口から下流へ。
普段オッターでツアーをしていない場所です。

めがね滝、みこやしき滝を下る! というミッションだったんですが・・・・。
かわうそ痛恨のミス。装備が足らなかった~。
50mロープを2本用意してたんですが、もう1本必要だった。
なので、滝下降はせずに猿渡入り口へ折り返しました。

めがね滝の上に掛かっている吊り橋からアンカーをとって、安全を確保する。という方式でやったんです(めがね滝付近にボルトを打設していないため)
そしたら目算以上に吊り橋が高くて(約30m以上でしょうか、吊り橋の上からはもっと低いように見えたので)ロープが足りなかった。

めがね滝とみこやしき滝の間がトユ状に繋がってて、その部分の水流が強いので、安全確保が難しい。
自分や経験者がやる分には大丈夫なんですが・・・・。

的確な場所にボルトを打って、確保しなければね~。
宿題です。

f0230770_22374369.jpg


猿渡から下流はいきなり狭くなります。すぐにディープ&ダークな世界がやってくる。

f0230770_2238254.jpg
f0230770_2238781.jpg


景色も少し違います。
羊歯が密生してて側壁の緑が元気いっぱいです。
滑らかな側壁を羊歯が覆い隠してるとも言えるけど、側壁が生命力に満ち満ちてますね。

ラジオは大分県内で放送予定らしいです。
放送日が決まったらお知らせします。

皆さんありがとうございました!!!
[PR]
by zanryuuroku | 2012-06-13 22:48 | 由布川峡谷

チームTシャツ

どーもー、ヒロかわうそです。

ご無沙汰のブログ更新になってしまいましたね。

新事務所の整理と整備で毎日奮闘しています。

ギアの洗い場&物干しを屋根付きで作ったり。ギアラックの棚を木材で作ったり。
打っつけ大工さんになってます。

土曜日に由布川渓谷、15mの滝下降コースのツアーをやったんです。

リピーターさん達なんですが、なんとTシャツいただきました!!!

アウトドアで遊ぶチームを作ってらっしゃって、そのチームTシャツですね。

f0230770_1615184.jpg


おぉ~~、かっこいいぞ。

左袖には特別に「O.D.R.C」の文字が。

オッター ダウンリバークラブの略字まで入れていただきました!!!!

感激~。

ありがと~~~、ケンさん、カズさん、みんな。

しょっちゅう着るのだ。洗ったらすぐ着るのだ。洗うときはネットに入れるのだ。おしゃれ着洗いするのだ。
[PR]
by zanryuuroku | 2012-06-11 16:07 | 雑録