キャニオニングと九州全土の川記録&カヤック・カヌー等


by zanryuuroku

<   2011年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

九州南部が梅雨明けしましたね。今年は早いなー。
いつもなら夏休みが始まる頃にやっと梅雨明けする印象なんですが。

今週も雨予報は出てないし、思い切って大幅にツアー予定を変更しました。

オッターダウンリバークラブHP ツアー予定

由布川を沢山増やしてますから、見てくださいね~

f0230770_2104914.jpg

 ↑の写真は藤河内渓谷です。

だぁ~、今日はあまりの暑さに川が恋しかった・・・。7月から川に生息(す)める、嬉しい!!

f0230770_2122058.jpg

[PR]
by zanryuuroku | 2011-06-28 20:59 | キャニオニング
大分市南部の佐伯市宇目町にある藤河内渓谷は、もう宮崎県との県境にあります。
自然が沢山残っていて、夜に藤河内に行くとネズミ、フクロウ、キツネ、シカ、雨の日はでっかいカエルなんかに日常的に出遭えます。野生が色濃く残ってる地域です。
また星空の見事さも凄いです。夜空がこんなにも明るいの? 星明りに圧倒されます。

f0230770_2215317.jpg


6/25日、まだ水量が多いだろうと思ってカヤックを積んで出掛けたのに・・・、もう通常水位に戻ってました。
あ~ぁ、久々にクリーキング出来ると思ってたのに、すんげ~残念。

でも、通常水位に戻ったって事は、キャニオニングに絶好の水位になったって事でもあります!!
で、一人キャニオニングしてきましたよ~。
その模様の動画を貼り付けてますが、いい大人がなにやってんの? なんて思わないでね。被写体が欲しーんですよ。大勢で楽しく滑ったり飛んだりしてる映像が欲しいので、ご予約をお願いします(笑)

楽しさは、このヒロかわうそが120%保障します(笑) 由布川峡谷より楽しいです。マジで。

早く被写体のある動画に差し替えたい(汗)

[PR]
by zanryuuroku | 2011-06-26 22:14 | 藤河内渓谷
6/24日に福岡ウォーカーさんの取材がありました。
由布川峡谷キャニオニングツアー「めくらの滝下降コース」でした。

f0230770_234527.jpg

いつも思う事ですが「めくら」という言葉の響きが良くないですね・・・自分的にNGです・・・。何か違う呼び名を付けたいな~、正式名称じゃなく、ニックネーム的な。
「めくらの滝」が正式名称かどうかも分からないんですが、古い沢登りの本にそう書かれてるので、しかたなく使ってます。


あっ、話が脱線した。取材の話でした。
梅雨の豪雨を乗り越えて、由布川峡谷の水量は6/24日の時点では、まったく問題ない水位に落ち着いてました。良かった~~!
それでも普段よりは多かったので、体を川に浮かせて流れれる場所が増えてたので、いつもより増して楽しいツアーになりました。何より自分も楽しんだ!!

そういえば15mの滝の上で、チカちゃんが「これはテレビで見るより凄い景色ですね」って言ってたな~。ドォーモでテレビに取り上げていただいて、目で見たままの景色が放映されたと思ってた。そのくらいクオリティーの高い映像だと思いましたが。やはり自分の目で見ると違うんですね。
「この滝を降りるのは忘れて、今この景色を楽しんでね」 夢に出てくるほど目に焼き付けて欲しい(笑)

今回取材で参加してくださった4名はどんな感想だったのか? 気になる所です。
取材で色んな事に豊富な体験を持ってらっしゃる記者の方々はどう感じたのか?

私はアウトドアの中でも「川」という狭い視野の中で生きてますから(笑)
川ではイキイキしてるけど、他の事となると世間知らずなもので・・・。

f0230770_2362317.jpg


スタート時にやる、ロープでの下降の講習を、見直しました。橋脇の斜面でなく、橋の中央から川にダイレクトに降ります。練習時に宙ぶらりんが体験できます。
2組が一度に出来るようにしたので、時短も兼ねてます。

f0230770_2310339.jpg


この日はとにかく暑かった。
ウェットを着ないでも汗だらだら。ウェットを着ると熱中症になりそうなくらい・・・。
その代わりに川の水に浸かるとホントに気持ちのいい事。
後半になると寒いくらいに感じるから、キャニオニングの季節到来ですね。
いい避暑になりますよ。ご予約お願い致します。

f0230770_23212012.jpg


PS  6/25日は藤河内渓谷に行ってきました。
藤河内渓谷も通常水位に戻ってます。
由布川が、かすんでしまう位楽しかった。
由布川峡谷は確かに絶景ですが、藤河内渓谷はもう一つ上のランクの川だと実感したカワウソでした。
藤河内渓谷のキャニオニングの模様は次回UPします。
[PR]
by zanryuuroku | 2011-06-25 23:39 | キャニオニング
由布川峡谷から、藤河内渓谷へ移動。
多少の抜け道を使い、全線一般道で道の駅宇目まで1時間半。藤河内渓谷へはプラス30分の行程です。

f0230770_21564083.jpg

宇目へ行く途中の川はどれも大増水で、しかも色はコーヒー色です。
でも藤河内渓谷は水量が多いにもかかわらず、澄んでました!! さすが藤河内!!

6/19日の時点では、残念ながらツアーを催行するには多すぎる水量でした。でも今週に入りあまり雨降ってませんから、この週末はツアーが出来そうな気配です。
ああっ台風出来てる! また雨かな? 降水量次第ですね。

f0230770_2221310.jpg


小滝の連続がすべて繋がってしまってます・・・。先週より減ってますが、もう一減水ですね。

さて、去年撮った写真と比べてみますか

f0230770_225212.jpg


f0230770_2253497.jpg


川の中央に人が立ってる写真と、川幅いっぱいに水がある写真です。
水量がまったく違いますね~。

まー、ツアーコースをもう少し下流に設定すれば、キャニオニングツアーは出来そうですが、そうなると小滝の連続するツアーではなく、もっとPFDの浮力を使って流れるタイプのキャニオニングになります。
そういうキャニオニングもまた楽しいです。これからそんなコースも提案していけたらいいな~。

f0230770_22131015.jpg


↑ こんな感じの場所を浮きながら流れていくわけですねっ(笑)
岩があるときはお尻を上げないとハードヒットしたりします。
綺麗な川を流れたらサイコー気持ちいいです!!

f0230770_22231840.jpg


川遊びした後は近くの温泉へ、”湯~とぴあ”さんの男湯です。

f0230770_22351262.jpg


↑ 帰りに草原の牛さんを根子岳をバックにパチリ
自然を満喫した週末でした。

PS、クリークを一緒にカヤックでダウンリバーする人募集。土曜日に藤河内渓谷周辺で漕ぎませんか?
初ダウンリバーの区間なので、グレードは分からないのです。
[PR]
by zanryuuroku | 2011-06-22 22:42 | 雑録

残念だけど、心躍る増水

この梅雨は沢山雨が降りますね、かつてない降り方のような・・・。
だからどこの川も大増水ですね。

この梅雨時期キャニオニングツアーに使う予定の、藤河内渓谷も増水してて、なかなか水位が落ち着いてくれません。ちょうど予約も入って無かったので、由布川峡谷と藤河内渓谷の両方を水位確認に行って来ました。

この時期に出る生き物、と、言えば、そう”蛍” 綺麗ですね大好きです。でも雨続きで見に行ってないな~
もう一つ、この時期に出る生き物! ↓ ですね
f0230770_13414692.jpg


でかいです。30センチはあるな~(怖)
こんなのも見つけました↓
f0230770_13433357.jpg


たしかフクロタケだった?と思います。

さてさて、由布川峡谷では写真が趣味の方と出会って、お話が出来ました。
f0230770_13474952.jpg


↑バックの豪快な滝は、この間まで出てなかった滝です。男龍(おとこりゅう)の滝と呼ぶそうです。
あの水圧であの落差の滝に打たれたら、痛・楽しそうだな~。今度誰かを生け贄にしよう。

f0230770_13532055.jpg


↑の写真はオッターのツアーを行っていない、もっと下流の由布川峡谷です。
写真では分かりズライんですが、”6級” です。6級、もう覚えましたね?
増水してて狭いゴルジュだと、滝の下部がボイリーで、ボイルトップを越えれないと、「滝に引きずり戻されてもみくちゃになる」まさにそんな滝が写ってます。
普段はチョロチョロの滝ですが・・・。
オッターでツアーを行っている区間は、この水量では6級の場所はありませんが、もっと沢山増水すると危険度は高くなります。川は生き物、梅雨の水位は毎日違います。用心用心。

川の危険については、ちゃんと話をしなきゃいけません。普段川に接する機会の少ない人は、流れてる川なら膝くらいの高さの水位で溺れる場合があります。
ウェットスーツ、PFD(ライフジャケット)、ヘルメット、フェルト底のシューズで万全の態勢で川遊びしましょう!!

この後、由布川から藤河内に移動しました。その模様は次回UPしたいと思います
[PR]
by zanryuuroku | 2011-06-20 14:18 | 雑録

クラス6

カヤックの世界での話しですが、川にはグレードがあります。0~6級までです。
0級が最も易しい。6級が最も難しい。
というより、6級は”死ぬ”から下れない川という意味で使われます。
日本国内限定の川グレードは、比較的易しい川も難しめに表記してある事があります。

球磨川は3~4級と書かれてたりしますが、そうすると、もう6級との間には5級しかありません。

じゃあ球磨川より難しいアッパー川辺川は? 
アッパー川辺川より難しい万江川は?
万江川より難しい五木小川は?
五木小川より難しい河俣川は?

上の川グレードの順位も水量によっては順位が変わりますが。

球磨川より難しい川が、球磨川水系やその近くにありますから、それらと比較しても3級でもオカシイ・・・。

ニュージーランドでみっちりカヤックを漕いで、いろんな国のパドラーと交流したときの経験で、国際的な川グレードはこれくらいかな~? という体感グレードを自分なりに持ってます。
あくまでも自分の体感グレードですので、人に押し付けるつもりはありません。
自分なりに目安にしてるグレード感と思ってください。

球磨川1級~1.5級
アッパー川辺川2級
万江川2.5級
五木小川2.5級
河俣川3級

ちなみに四国の吉野川2.5~3級くらいかな~、あくまでも自分の体感グレードですよ。
(水量によって、多ければだいたい川は難しくなります)

で、↓の増水した藤河内渓谷は  6級  です。
沈したら最後ロールできませんね。

いつか適度な水量の時に、チャレンジしたいと思ってますが、もっとずーっと減った時にお願いしたいです。


藤河内渓谷の通常の水位はこんなに多くありませんよ、キャニオニングする水位はもっと少ない時です。
梅雨だからといって、いつもこの動画の水量ではありません。この時は九州各地で特別な増水でした。
[PR]
by zanryuuroku | 2011-06-14 18:31 | 雑録
先週のオッター ダウンリバークラブのキャニオニングツアーの”めくらの滝下降コース”の模様を撮った動画です。
ちょっと遅くなりましたね。
ごめんなさい。



めくらの滝を降りる前の緊張した表情がね~、とってもシリアス・・・。
降りた後の動画は無いですが、喜び爆発ですから、満足度が・やり遂げた感も、高いんですね(笑)
[PR]
by zanryuuroku | 2011-06-10 06:09 | 由布川峡谷
オッター ダウンリバークラブのHP上で、藤河内渓谷 無料 キャニオニングツアーの当選発表を行いました!!!

https://sites.google.com/site/otterdownstream/home

当選された方々、改めておめでとうございます。

あいにくの雨予報が出てますが、全然気にしませんよ。雨を吹き飛ばすツアーを行います!!
(大雨の場合は中止もあり得ますが、日を変えて無料のツアーを行いますのでご安心を)
[PR]
by zanryuuroku | 2011-06-07 17:12 | 雑録
由布川峡谷キャニオニングは、ウェットスーツに着替えてしまえば、雨が降っても全然平気です。
午前中の雨に祟られながらも、午後からは天候が回復し、夕方には晴れ間が渓谷内に降り注いでました。
日が入る渓谷内の、緑の美しさもまた格別でした。
10人のゲストを迎え、ワイワイと大はしゃぎしながらのキャニオニングツアー、サブガイドにジローをお願いして、総勢12人のカワウソ的川下り部メンバーです。

f0230770_2357442.jpg


↑キャニオニング、スタート地点の橋の上から。ロープでの下降講習が終わってホッ一息。
人数が多くて、講習に時間が掛かり過ぎちゃいましたね・・・、次回は二手に分けて半分の時間で済む様にします。

f0230770_025798.jpg

f0230770_043199.jpg


ガイドの私やジローは、”ゲストの皆さんが由布川を楽しめるように”という気構えでいるのですが、皆さん積極的に川と戯れてくれて、楽しいツアーになりました。こちらまでウキウキ。

f0230770_0105475.jpg


↑3連滝をバックにパチリ

f0230770_0161469.jpg

f0230770_0165898.jpg


↑この3人娘は元気いっぱい。変なニックネームの由来も笑って教えてくれない(笑)

f0230770_0204653.jpg


↑写真を撮られると感じると、体が勝手に反応する人種は私と同類ですな(笑)親近感湧く~。
めくらの滝(約15m)の懸垂下降も、皆初体験でしたがやり遂げましたね。
「みんな良くやった!!ハグ!!」
動画を少しづつ撮ってるので、UPしたいけど、編集に時間掛かるかも・・・・。


4mジャンプ滝の辺りに直径4~50センチの大木が落ちてきてました。ビックリ!
雨の影響ではなく、幹が腐れたか、病気にやられたか、虫にやられたか・・・・、詳しくは分かりませんが幹に異常がありました。通過やジャンプには問題ありません。

さて、今週末からは大好きな藤河内渓谷のツアーが始まります。
待ち遠しくてウキウキしてます。
無料のツアー、誰に当たるかな~??
明日、というか日付変わってもう今日か、夕方~夜の時間に抽選を行う予定です。
外れた方はごめんなさいね・・・・。


心と体を癒すストレス解消法&癒しの一枚!
[PR]
by zanryuuroku | 2011-06-07 00:35 | 由布川峡谷