キャニオニングと九州全土の川記録&カヤック・カヌー等


by zanryuuroku

カテゴリ:雑録( 55 )

ちーっす、ヒロかわうそです。

夕方時間をみつけて、南阿蘇村の鮎帰りの滝へ行って来ました。

普段着で、スニーカー履いて。
鮎返り滝近くに、川から上がれる道はないかと偵察です。

滝近くに堰堤があるので、「道があるはず」と、確信を持ってたので軽装で出かけました。

目算を付けてた道はやがて未舗装路になり、車で行けるとこまで行ったらあとは歩きました。

踏み分け跡を行ってみると、どんぴしゃ、川に出ました!
ツアーで川から上がる時、重いカヤックを担ぐのはちょっと辛い道のりかな。全体に登りです。
チュービングなら軽いので問題無いでしょう。

ただ昨年秋にカヤックツーリングした時よりも濁ってました。
上流で河川工事してたので、その影響でしょうね。



風が強かったので、雑音が多いです。ごめんなさいね。
[PR]
by zanryuuroku | 2012-03-11 22:12 | 雑録
どーもー、ご無沙汰してました。ヒロかわうそです。

やっと冬眠の穴倉から這い出そうかなと・・・・、でもまだ早いかな?
古いタイプのガソリンストーブみたいに、とりあえず自分をプレヒートしてみまする。メタでね(笑)

もう気の早い方はゴールデンウィークの問い合わせがありまして、かわうそヒジョーに嬉しく思っております。
5月のスケジュールを近日中にUPしたいなー。
・・・・でもHPのカレンダーの書き方・・・・忘れてるし。
やば、早く思い出さねば。

あいやー、プレヒートが人より長くかかるかも・・・。

f0230770_22121924.jpg

↑南阿蘇の草原にて

今シーズンも、「オッターとかわうそ」をよろしくお願いします。
[PR]
by zanryuuroku | 2012-03-05 22:14 | 雑録
どーも、ひろカワウソです。
しばらくぶりの更新です。

1シーズンの間溜め込んでいた帳簿の処理で手こずってました(笑)
確定申告に備えて、早めの準備をしなきゃなーと思ってやってます。

秋になりツアーの予約が入らなくなって、体は楽になったけど、頭の中はいっぱいいっぱいですよ。
来期の拠点はどこに?
由布川の近くにするか・・・・
藤河内の近くにするか・・・・
それとも中間点にするか?

安い物件があったら教えて欲しいな(笑)
お客様から「ツアーの後に一緒にバーベキュー出きる様にしてよ!」なんてリクエストもあるし。

来年は大分に住民票を移したいと思ってるんで・・・・、拠点は悩みどころですよ。

f0230770_11372416.jpg


オッターのキャニオニングツアーに参加して下さった皆様、本当にありがとうございました。初年度にしてはびっくりするほど多くのお客様とツアーできました。
感謝です。
また来年も会いましょう!!


10月に行ったツアーをまだブログにUPしてないんですが、それは来年かな。新シーズンが始まる頃に、ブログ再開と共にUPします。

これからのオフシーズンはブログを更新しません。
まー色々と活動はやってるでしょうが、春のブログ再開に向けてネタを溜めときます。

それでは、しばし冬眠をば・・・・、ムニャムニャ・・・。
[PR]
by zanryuuroku | 2011-10-29 12:30 | 雑録

湯布院の休日

どーも、ヒロカワウソです

先日、湯布院にお散歩に出掛けたので、その時の写真も載せとくかな。

すっきりと晴れた日の午後のお散歩は気持ちよかった。
平日で、それほど人も多くなくて歩きやすかったし、何より風が気持ち良かったな~。
f0230770_8373381.jpg


ただ、おっさんが一人でうろうろしても、特別興味を惹くお店って無いのね・・・・(笑)
カフェでお茶するくらいか・・・。美術にはあまり興味ないしな~。

f0230770_8405120.jpg


で、川沿いを歩いたんだけれども、秋の花が咲き誇ってました。
ただ、川は俺の方が専門なのでね、ここより綺麗な・絵になる川を見過ぎているので、まー普通はこんなもんかって感じ。

意外だったのは、川歩きってそんなに疲れないのに、道路や歩道の方が疲れるって事。
何で? 俺の足、川仕様なのか?
[PR]
by zanryuuroku | 2011-10-03 08:47 | 雑録
どーも、ヒロかわうそです。
本日2回目のブログ更新です。

外は気持ち良く雨が降ってます。ざーざー降りです。今日は事務仕事をこなそうと思ってたので丁度いいか(笑)

さて、久々に外岩へロッククライミングに行ってきました。生岩で登るのは1年ぶり・・・・、ブランクあるなー。
もうね~、川にばかり入って常に濡れてる状況でしょう、足がふやけちゃってクライミングシューズのかかとが痛い痛い。
つま先があまって履かなくなってたシューズが丁度良かったりして、クライマーの足ではなくなってるな確実に・・・・。

f0230770_101142100.jpg

こんなおどろおどろしい廃道トンネルを抜けて行くのです。
トンネル内では振り向き厳禁である・・・。

f0230770_1015338.jpg

こんな感じで登ってるのであります。

f0230770_10163275.jpg


岩場の上から撮った写真。足はかわうそです。
f0230770_10165418.jpg

もう一枚、岩場の上から横を写した写真。

久々の外岩はやっぱ楽しいね!! 怖いけど・・・・。
うまくスタンスに立てなかったなー、スメアが怖い。ふやけちまった足のせいか?
[PR]
by zanryuuroku | 2011-09-30 10:21 | 雑録
9月3日は台風でした。ツアーが中止になったので、以前から目をつけてた川へ偵察に・・・・。

幸せを、何で感じるかは人それぞれだけれども、美味しい物に出会ったときは確実に幸せだ。
ましてや期待もしてなかった山奥の寂れた店で、美味しい食べ物に出会ったら・・・・、間違い無く幸せだ。

f0230770_0311613.jpg


ごぼう天蕎麦である。好みは二八のつるつるもちもちの香る蕎麦が好きである。十割りのざらざらした蕎麦より断然二八派である。
厚切りのシャキッとしたごぼう天も旨かったし、蕎麦も旨かった。ツユも良かった。
幸福なるは我が胃袋。これでまた一つ生きる楽しみが増えた。
全盛時のかわせみの蕎麦を超えているのである。

f0230770_0411241.jpg

その店の周りは岩山が取り囲んでいる。ピナクルだらけである。
「登っていいすか?」と聞きたくなるのを堪えているのである。
「七福」とか「神々が住む」とか書かれているので・・・・、多神教で無宗教な私はちと手を出しかねるのである。
なんかこの近辺は、ピナクルの岩場がごろごろしてるようなので、こそっと登れる岩場をそのうち見つけよう~っと。

f0230770_0492429.jpg


偵察に行った川は、景観は抜群だった。難点は傾斜が足りないことか。つまりざら瀬ばかりで、瀬らしい瀬が無い。岳切渓谷っぽい。台風で増水してるはずなのに、水量はこんなもんか? むむむ・・・。

f0230770_0525172.jpg

なんか良いアイディアが出ればいいけど、この川はこのままではツアーには使えないな~。景色が良い分、残念な気がする。
[PR]
by zanryuuroku | 2011-09-10 00:57 | 雑録

ラフティング講習会

先日、熊本県の球磨川で行ったラフティング講習会の模様です。
2年くらい前から、熊本大学・探検部にはラフティングを年に1~2回教えてますが、今回は九州の各大学の探検部が集まって、合同合宿という形でラフティングをやりました。

各大学は、これまで個別に球磨川でラフティングをやってたので、今回は初の合同ラフティングらしいです。

安全講習と、ラフトボートの操船についての講習ですね。
時間が半日しかないので、みっちり詰め込む事は出来ないけれど、この合同合宿の意義は大きいと思うな~。
主催した熊大、良くやった!!

f0230770_9385259.jpg


偉そうに講習会とは言っても、普段はラフトに乗る事はないので、大事な事を忘れてたりする・・・・。
つい、いつもの感覚でシュリの瀬に入って、落とすつもりは無いけど一人がポロリ・・・落水。
その時思った、「あーそうだった、この船1艇だった。」
いつもの感覚って言うのは、ラフトを本業にしてた時期の感覚で、複数艇でチームとしてお互いにレスキューしながら川を下るスタイルの事ですね。

どこかの会社のガイドさんに、落ちた一人をレスキューして貰いました。
ありがとうございました。

f0230770_9523244.jpg


恒例のジャンプ。約7mか約10mの高さから飛びます。

f0230770_9544297.jpg


ザクザクウェーブを岸から下見をする部員たち。ほかのラフトの通るラインを参考にしてます。

でも5~6艇見てたけど、1艇しかまともなラインを通ったラフトがいなかった・・・・。
ちょっとまずいんではなかろうか・・・?


球磨川が、大学生や個人の川下りをする人達に優しい川であり続けて欲しいなーと願うカワウソでした。
[PR]
by zanryuuroku | 2011-09-06 10:02 | 雑録

車上荒らし

どーも、ヒロかわうそです

由布川峡谷、椿入り口駐車場で、車上荒らしがありました。
幸いというか、うちのお客様では無かったのだけれど、悲しい気分になりました。

助手席の窓を割られて、座席にポンと置いてあったバッグを盗られたそうです。

犯行は私らが椿に到着する前に行われたようで、受付して・着替えして、さてそろそろ川に下りようかとしている所に、川から上がってきたグループが「窓ガラスが割られてる!!」

お話を聞くと、10分か15分くらいの短い間に荒らされているような・・・。

バッグごとの盗難なので、私が携帯で警察に電話してあげたり、警察が来るまで一緒に待ってたり・・・。

警察の方々が来て、現場検証やら、鑑識の指紋採取やら・・・。

ほんとにそのグループの人達は悲しそうで、また、ショックを受けてました。

ん~~、犯人にバッグを盗られた人の悲しい顔を見てほしい。どんだけ落ち込んでる事か想像してほしい。盗られた側の苦労をおもんぱかってほしい。

なんだか割り切れんダークな気分でいっぱいだ。
[PR]
by zanryuuroku | 2011-08-30 20:51 | 雑録
オフ会ネタです。
藤河内渓谷に続き、由布川峡谷キャニオニングツアー15m滝下降コースに参加してくれたONO君と、ガイドのトシ&ケイコ&かわうそで大分市内の居酒屋さんに出撃してきました。

日曜日で、しかも別府では花火大会だそうで、閑散とした街中がかえって風情があったかな~。
ただONO君が行きたかった店はあらかた閉まってたので(笑) 残念と言えば残念か・・・。

タイ料理屋は次回リベンジですな。

かわうそはほとんど外呑みしないので、久々の街中が新鮮この上ない。久方ぶりの居酒屋に笑いっぱなしです。

f0230770_21312622.jpg


川の話で盛り上がり、好みの女子の話で盛り上がり、ツイッターで繋がるべきかどうかと思い悩むONO君に「若者よ君の前に道は無くとも、君の後ろには道が出来ている」と言ったような・・・・、言わないような・・・・、言わないな・・・。きっと言ってない・・・。

f0230770_2134573.jpg


酔いが回ってくると被り物を取りたくなる習性があるので、かわうその被り物を取るところです。中身はイケメンです。けっこう中で蒸れてます。

f0230770_21372074.jpg


あれ、この写真、居酒屋中盤戦で撮ってるのに乱れてないね・・・。
被り物取れ


いや~ONO君お世話になりました。大分ライフが満喫できました。
泊めて貰っちゃって、ありがとね!!

本の趣味はあんまりカブってないな~(笑)
デトロイトメタルシティよりベルセルク派なのだ。
[PR]
by zanryuuroku | 2011-08-02 21:46 | 雑録
由布川峡谷から、藤河内渓谷へ移動。
多少の抜け道を使い、全線一般道で道の駅宇目まで1時間半。藤河内渓谷へはプラス30分の行程です。

f0230770_21564083.jpg

宇目へ行く途中の川はどれも大増水で、しかも色はコーヒー色です。
でも藤河内渓谷は水量が多いにもかかわらず、澄んでました!! さすが藤河内!!

6/19日の時点では、残念ながらツアーを催行するには多すぎる水量でした。でも今週に入りあまり雨降ってませんから、この週末はツアーが出来そうな気配です。
ああっ台風出来てる! また雨かな? 降水量次第ですね。

f0230770_2221310.jpg


小滝の連続がすべて繋がってしまってます・・・。先週より減ってますが、もう一減水ですね。

さて、去年撮った写真と比べてみますか

f0230770_225212.jpg


f0230770_2253497.jpg


川の中央に人が立ってる写真と、川幅いっぱいに水がある写真です。
水量がまったく違いますね~。

まー、ツアーコースをもう少し下流に設定すれば、キャニオニングツアーは出来そうですが、そうなると小滝の連続するツアーではなく、もっとPFDの浮力を使って流れるタイプのキャニオニングになります。
そういうキャニオニングもまた楽しいです。これからそんなコースも提案していけたらいいな~。

f0230770_22131015.jpg


↑ こんな感じの場所を浮きながら流れていくわけですねっ(笑)
岩があるときはお尻を上げないとハードヒットしたりします。
綺麗な川を流れたらサイコー気持ちいいです!!

f0230770_22231840.jpg


川遊びした後は近くの温泉へ、”湯~とぴあ”さんの男湯です。

f0230770_22351262.jpg


↑ 帰りに草原の牛さんを根子岳をバックにパチリ
自然を満喫した週末でした。

PS、クリークを一緒にカヤックでダウンリバーする人募集。土曜日に藤河内渓谷周辺で漕ぎませんか?
初ダウンリバーの区間なので、グレードは分からないのです。
[PR]
by zanryuuroku | 2011-06-22 22:42 | 雑録