キャニオニングと九州全土の川記録&カヤック・カヌー等


by zanryuuroku

カテゴリ:カヤック( 10 )

毎日寒いですね。ヒロかわうそです。

新年に移る前に、2012年に「うわ! やべっ!!」って体験した事をUPして無かったので、それを上げとくかな。

時期は梅雨時、もう半年も前ですね。
梅雨の雨で川はどこも増水してました。
シチュエーションはカヤックでのダウンリバー。
川は藤河内渓谷の下流部、桑原川です。

f0230770_9351395.jpg

f0230770_936712.jpg


増水してる桑原川の、カワウソが下った区間。クリークでした。
326号線沿いなので、「そんなに(高低差が)下ってねーだろー」となめてたら、やられました(笑)
増水してるのでパワフルです。なのに持ってきたカヤックはボリュームの小さいプレイボートタイプ。
それでもまー、この時点ではおき楽なかわうそです。「大丈夫ダロー」

f0230770_9441672.jpg


↑ こんな感じでパワフルです。んで落差もあるっしょ。

f0230770_9461098.jpg


梅雨の晴れ間の青空と桑原川

f0230770_9482242.jpg


↑の写真がカワウソが手酷い目にあった場所。
大岩の左右どちらも通れるけれど、左のドロップはキーパーです。

じゃあ右側通ればいいじゃん。と思いますよね。かわうそもそう思ってました。
右側を通ろうと。
ただ、キーパーの前にもう一個落差のあるシュートがあって、そのシュートは避けようが無い。
なので、シュートを降りたらキーパーは避ける腹積もりだったんですよ。

ところがどっこい、ボリュームの小さいプレイボートですからね。シュートでスターンを食われてカヤックがおっ立ってしまって、コントロール不能に・・・・・。
カヤックが立ったまま数メートル進み、キーパーを作ってるドロップへ・・・。
かわうそ焦ってます「やっべー!! キーパーに落ちる!!」
そうして何も出来ないまま、カヤックも立ったままキーパーへドボンと落ちました。

普段なら、キーパーと分かってればブーフして、出来るだけ遠くへ落ちるようにカヤックをコントロールするんですけどね。助走も出来ずブーフも出来ず、キーパーへゆっくりドボンです。
「最悪だ・・・・・」

えーえー、当然掴まりましたよ。
カヤックは横向けにさせられたまま上下に揺さぶられます。
ブレースして沈しないように粘りますが、これも長くはもたない・・・・。
「やばいぞ、マジで掴まったぞ・・・・」

一縷の望みを賭けて、見えない後ろへ行く事を試みます。
沈しないためのブレースをしながらのバック。それもキーパーの返流に負けない強いバックが必要です。
かわうそ必死で波を押さえつけながらのバックを繰り返します。
少しずつだけど、後ろへカヤックが動くので望みがあります。
渾身のバックを繰り返し、やがてキーパーの返流が緩む所へ到達。ヌルリとキーパーを抜け出る事が出来ました。
ゼーハーゼーハー、息が上がってます「出た・・・・・・。長かった・・・。良かった。」
疲労困憊。でも生還しました。

f0230770_10413190.jpg

f0230770_1042068.jpg


↑の2枚の写真の場所も通ってますよ。

f0230770_10444766.jpg


↑ 北川との合流点付近。
この日はこの辺りでゴールです。距離にして1キロくらいかな~。
ぎゅーっと詰まったクリーク区間でした。

スタート地点の車まではRUNです。薄い靴底のパドリングシューズは走ると足への衝撃が強いので、走るのには向かないな。

皆様、良いお年を

そして

新年明けましておめでとうございます
[PR]
by zanryuuroku | 2012-12-31 10:55 | カヤック
どーもー、ひろカワウソです。

ブログのタイトルを変更しました。

気づいた?

ひろ かわうそ的 残流禄 だったのを今のタイトルに変えました。

もう少しオッター押しで行こうかなと・・・・。

さてさて、去年3回オッターのツアーに参加してくれて、すっかり川の魅力に嵌ってるヒロさん&カオリン。私もひろだし、ヒロさんが二人。紛らわしいので、今日登場するヒロさんはお客さんの方ですね。私はカワウソで。

キャニオニングもチュービングも経験したので、次は何を?って事になりまして、じゃあカヤックやりますか! カヤックやってみたいです。でカヤックスクール決定。 

カヤックは、梅雨時の増水時期にこのブログにもチョコチョコ登場してました。
だから、気になるんですよね、皆さん。

f0230770_22351125.jpg


「カヤックってままならん乗り物だから覚悟して来てね」
と前もって言ってはいたものの、実際どんなんか体験しないと分からんもんね。

んで、ダウンリバーをする前に、静水で漕ぐ練習をするんですが、手こずる手こずる。

思うように進みません。

そう、カヤックって真っ直ぐ進まない乗り物なんです(笑)
特にリバー用のカヤックはそう。直進するのが難しい。

静水で自由自在に曲がれる事で、初めて直進出来る乗り物なんです。

んでかてて加えてヒロさん曰く「グラグラ感がハンパない」

ちょうどスクール用に用意したカヤックがラウンドボトムなんで、ぐらぐらするよね~。

グラグラするって事は、すんなりカヤックを傾けられるって云う利点も有るんだけど、それはもうちょっと上手くなってからの話だもんね。

f0230770_22501163.jpg


上半身はリラックスして、下半身は膝と足裏でガッチリホールドするんだけど、それがまた初めてだと難しい。

下半身に力を入れると、自然上半身も力入るよね・・・・。

さて、延岡市の小川は九州屈指の清流で、しかも静流。
水が綺麗で、流れは穏やかなんですな。しかも通年ダウンリバーできる水量がある。

素晴らしい川です。

高知の清流四万十川にもまったくひけをとりません。

四万十川より清流です。まじで。

願わくば、もっと激しい瀬が有ったらなー。無いんだなー。

激しい瀬が無いから、初心者にはうってつけの川なんです。

f0230770_234912.jpg


んで、夕暮れまで漕いで、最後まで思うようにカヤックを操れなかったヒロさん。
今日の感想は?
「オッターのツアーの中で一番ハードでした!!」だって(笑)

オッターのツアーの中で一番穏やかな川なんですけどね(笑)

ヒロさんカヤックとは相性が良くなかったようですな。

清流を眺めて癒しのダウンリバーには程遠かったらしいです。チャンチャン。
[PR]
by zanryuuroku | 2012-08-01 23:12 | カヤック
「連れて行け!俺を、カヤックへ。」

という指令が下った。

「もう何年もまともに漕いどらん。まともな俺に戻る」と指令者は言う。

「戻れるの?」と問い返すわけにはいかない。
やらなきゃーならない。
俺の心の中の、悔恨と寂しさと甘酸っぱさを少しでも解消するのだ。

f0230770_21403812.jpg


私が載せるカヤックネタは寂しい。登場人物が川の景色だけとか、無人のカヤックとか・・・・。
誰かを載せても一人だけだったり。

そんなんじゃーいかんよ。川はわいわいがやがや大勢で、バカ話に花を咲かせながらダウンリバーすると楽しいのよ。

f0230770_2149516.jpg


4人でダウンリバーなんて何年ぶりだ?
川からしばらく遠ざかってた仲間の、カヤックリハビリ。
カヤックからしばらく遠ざかってた、キャニオニングのお客さんのカヤックリハビリ。

f0230770_2215090.jpg


何歳になったって、透明度の高い川の上ではテンション上がるよ。
あー、でも坐骨神経痛が・・・・。

f0230770_228456.jpg


問題 「↑の写真の上流は右か?左か?」
[PR]
by zanryuuroku | 2012-07-19 22:17 | カヤック
阿蘇や竹田では大変な被害が出ましたね。

雨大好き、梅雨大好きなかわうそですが・・・・、もうええよ。雨要らない。降り過ぎ。

これ以上の災害が出ない事を祈ります。

普段から綺麗な川が好き、とかわうそは公言してます。

雨が降りすぎて濁った川ばっかりだと、げんなりします。


さっ、気分を変えて綺麗な川をダウンリバーした模様です。

佐伯市宇目町の西山川。

バディは久々にカヤックに復帰したトリ君。

「プチクリークだけん、カヤックリハビリにはちょうどいいやろ」
と言ってトリを連れて来た西山川。

最初はザラ瀬が続いてたんですが、やがて一番狭くなる区間へ突入。

水量は同じなのに、狭くなるって事は・・・・?
水流が早くなるって事。んで大概川の落差も有るんですね~。

「どう?トリ、プチクリークやろ」
「ひろさんクリークですよね~」
「えっ?プチクリークやろ?」
「クリークです!」


[PR]
by zanryuuroku | 2012-07-13 22:48 | カヤック
どーもー、ひろカワウソです。

前回のブログで、藤河内渓谷でカヤックのダウンリバーをやった記事を載せました。

その模様の動画です。

最近ヘルメットにカメラを付けて川に出撃するので、わりと臨場感のある記録を残せるようになりましたね。

ただメモリを大量に必要とするのが・・・・難点です。外付けのハードディスクを買い足さなきゃなー。


今回の動画は「THE 藤河内渓谷」
って感じです。

動画に音楽を入れてません。音楽入れると著作権やら難しくて。誰か音楽入れる良い方法教えて下さい。

なので、カワウソの雄たけびというか、発情したサルみたいな声が入ってますが・・・・、まー笑って見て下さい。


[PR]
by zanryuuroku | 2012-07-01 08:25 | カヤック
どーも、ヒロかわうそです。

鹿児島県では沢山雨が降ったようですね。
土砂崩れとか発生してますね。いかんですね。

今年の梅雨は、もう既に梅雨末期によくあるどしゃ降りが起こってて、警戒が必要ですね。
6月には珍しい台風もありましたしね。

かわうそは濁ってる川が嫌いなので、出来るだけきれいな川にしか出撃しません。

普段濁ってない川が、増水して濁ると危険信号かなと感じます。
どこかで土砂崩れが起きてるかも・・・・しれないし。まーほとんどは土砂崩れではないんだけど。

県とか国交省とかがネット上で出してる雨量とか、河川水位とかはいつも気にしてます。
そして川を実際に見て、水位や今後の天気予報とか色々判断材料にしますが、しょっちゅう川を見てないと難しいですね。



大分は増水すると、下れる川の宝庫ですね!
特に県南は増水しても濁らないなー。素晴らしい☆

事務所を三重町に置いた効果かな、県南の川を中心に色々見て回ってます。
去年から、水位の低い時期にあちこち川を見てきましたからね。

今回カヤックでダウンリバーしたのは中岳川です。増水してます。




今週末の天気予報が曇りになりましたね!
絶好の藤河内渓谷キャニオニングツアーの水量になりそうです。
これは体験して欲しい♪
予約お願いします。
[PR]
by zanryuuroku | 2012-06-28 09:34 | カヤック
どーもー、ヒロかわうそです。

台風の大雨で増水してるので、いてもたってもいられないかわうそです。

うずうず。

普段は水量が少なくて下れない川を、下るなら今だ!!

って事で行って来ました。「 鐙川 」
清流として有名な小川の支流です。国道10号線沿いの川ですね。

JR日豊本線の宗太郎駅→市棚駅までの約10キロ
増水してるので、宗太郎駅より上流も良さそうなんだけど、何せ一人なので車回しが出来ない・・・・。バスも無いし。ニアリーJRでやるしかないな~。

f0230770_9181252.jpg


川はこんな感じです。白濁りしてるのが残念ですが、この日他の川はもっと濁ってる川がほとんど。

鐙川。この川かわうそ初めてです。初ダウンリバー♪ウキウキ!

国道10号線沿いの川なので、あちこち護岸はありますが、なかなかいい川です。
多分水量が多かったから、流れにばかり目が行って、護岸の印象が薄れたか?

川のグレードは球磨川くらいに感じたけれど・・・・。水量はいつも違うし、増えればもっと難しくなるし、減れば易しくなるけど、減りすぎれば下れなくなる(いつもは少なくて下れない川)

f0230770_9315577.jpg


キーパーもあったし、壊れた護岸もあるので、用心は必要です。

下の動画の感じでダウンリバーしましたよ♪


[PR]
by zanryuuroku | 2012-06-21 09:37 | カヤック
どーもー、ヒロかわうそです。

シーズンオフだった3月初旬にカヤックの初漕ぎを、始めて行く川でやりました。
カヤック乗るのも久々なのに、いきなり行った事無い川に ”一人” で突撃ってところが、俺らしいかもですね・・・・、ワイルドだろ~ですか?
誰? 最近よく耳にするフレーズだな~。ご本人を今度ちゃんとテレビで見よう。

鯛生金山の近くを流れる川で、鯛生川。旧中津江村役場もこの川のほとりにあります。
で、旧中津江村役場よりも上流で漕いで来ました。3月にね。雨降ってんだけどね。

f0230770_23573176.jpg
f0230770_2358172.jpg


水質は、あんなに山間にある川なのに少しガッカリな感じでした。
笹濁りしてましたね。
数年前に、車の移動中に見た時はもっとキレイだと思ったんだけど。まー車を止めて見た訳じゃないんで、キレイなイメージが先行してしまったかな?

今回漕いだ区間は、概ね易しい瀬ばかりでしたね。1ケ所を除いて。

f0230770_043430.jpg

壊れた沈下橋。
使われなくなったから、壊れても修理しないのか。壊れたから使わなくなったのか?
先人が築いた遺物は、いつも物悲しいな~。

f0230770_094820.jpg


はーい出ました。堰堤です。高さ約8mってとこかな?
また漕ぎに来る可能性があるなら、滝下の深さを測っときたいとこですが、「もうこの川来ないよ」なのであっさりポーテージで通過します。

f0230770_0155324.jpg


ポーテージといっても、簡単に水面まで降りれないので、この位置からカヤックでダイブしました。
4~5mの高さかな~?
細い竹を片手で掴んだまま、スプレースカートを嵌めるのに苦労しました(笑)
チョー滑る場所しかカヤックを置けなかったので(笑)

f0230770_0214996.jpg


中央近くにマイカヤックが写ってますね。堰堤の大きさが分かります。

f0230770_023155.jpg
f0230770_0232785.jpg


 ↑ 堰堤滝の下、最初にあるこの瀬が唯一緊張した瀬ですね。
 ↑ の2枚の写真は違う位置から撮った、同じ瀬。
90度×2回、向きを変えて下っていかなきゃーなりませぬ。
隠れ岩もイヤラシイ位置にあるしね~。

とは言っても無事に下りましたから、大丈夫!

f0230770_0285445.jpg


また易しい瀬をいくつも通って、二つ目の堰堤です。
この堰堤の方が少し高い気がするな~。
そんでもって滝下も、”選べば” 深い場所がありそうな気配・・・、気配だけかもしれんので、じっくり観察したいんですが、履いてるのはパドリングシューズ。このシューズ保温性が皆無。しかも海パンのみでウェット着てないし・・・・・。冷たいを通り越して痛い。
痛いからゆっくり観察できない・・・・。
お笑い芸人さんがときどきやる、熱湯風呂に似た展開。陸地から、川に入って行って何秒か我慢大会しながら滝下を覗き込むんだけれど、あまりに痛くてすぐ戻る。また行く。すぐ戻る。また行く。すぐ戻る。

いーおっさんが何やってんだか。
ついに滝下の謎は(謎なのか?)解けぬままギブアップ。
上陸 ⇒ ポーテージせず。
もうヘコタレテしまったので、ダウンリバーはここまでで終了です。

「はー、車を置いた場所まで結構歩かなきゃ・・・・」

f0230770_0422111.jpg


とぼとぼと車に向かって歩きながら撮った、COLD敗退した堰堤。
「この川はもういいかな・・・・」と自分を慰めるのでした。

教訓
良い川には、なかなかなかなか出合えない。
[PR]
by zanryuuroku | 2012-05-25 00:52 | カヤック
どーもー、ヒロかわうそです。
もうね、今回はリキ入ってます。
カヤックを始めてすぐの頃からの、念願の阿蘇・白川をほぼ漕覇しました。漕覇には矛盾があるけど、許してね。ポーテージ(カヤックを担いだりして瀬や滝をエスケープする事)してるからね、何箇所か。
ポーテージについてはこちらで詳しく説明してます。
http://kawazanryu.exblog.jp/13735523/

f0230770_105988.jpg

 ↑ 鮎返り滝上部

もう10年位前かな、阿蘇・立野の白川と黒川の合流点から大津まで、カヤックでダウンリバーしてます。(途中険悪な堰堤があったと思う)

去年は今日のブログでUPする区間の上流を下ってます。
そのレポートはこちらです。
http://kawazanryu.exblog.jp/15638989/


さてさて、南阿蘇村長陽駅付近から下り始めて→立野の黒川と白川の合流点まで、が今日のブログのコースです。
ほぼ中間の位置に鮎返りの滝があります。
http://www.pref.kumamoto.jp/site/arinomama/takiayu.html

何か今日は参考ページだらけだな(笑)
どのサイトをみても、滝の高さ40mと書いてます(怖)

普段使ってる50mのロープを折り返したら25mしかないので、全然足らない。だから50mロープを2本持って行かねばならんのです。重い・・・・。

f0230770_10262383.jpg

スタートはこんな感じ。牧歌的な風景の中の川。

f0230770_102714100.jpg

鮎返りの滝を中間にして、前半部分は初心者向きの優しげな川相。堰堤が1箇所あるけれど、堰堤までは十分な水量があって、楽しくダウンリバーできる。
堰堤付近に川から上がる方法があれば、まずまずの川。

堰堤から下は、取水され水量が減って鮎返りの滝へ・・・・。

f0230770_10321796.jpg

パートナーの転瀬さんが鮎返りの滝上に立ってるんですが、落差が写真だと伝わらないね。奥に見えてる滝の見えてる部分は(滝の上部はまだ高い)ほぼ同じ高さです。

f0230770_10371076.jpg

f0230770_10373037.jpg

f0230770_10374613.jpg

人影が小さい・・・・。

f0230770_104529100.jpg

f0230770_1045496.jpg

かわうそもロープで降ります。
人が入ってない岩場は、もろい岩が多いのだけれど、ここは落石常習地帯の様相・・・。踏んだり触ったらデカイ落石を引き起こしかねないな~。降りながら、この岩浮いてるな~と思うのがいくつか、しかもかなりのデカさ。やばいです。危険だ。

f0230770_10495756.jpg

でも下降途中で、滝をパチリ! 横からの鮎返りの滝の写真なんて、誰も撮ってないぞ(笑)

滝を降り立ってみると、そこらじゅうに落石の痕跡が・・・・。ナイフのように尖った岩が散乱してる。しかも落ちて時間が経った岩じゃなくて、フレッシュな落石の気配が濃厚。

上で鮎返りの滝を説明してるページに、鮎返りの滝は元々黒川と白川の合流点付近にあった、それが長い年月かけて後退して今の位置にある。1200mも移動してる。とあるけど、このフレッシュな落石を見ると、今現在も後退中なのであるよ。
生きてるぞ!!鮎返りの滝!!

f0230770_10521194.jpg

水量少ないはずなのに、落差が大きいから滝のパワーがハンパない。近づけません・・・・。滝に近づくとそこは暴風雨・・・・。滝に向いてたら息も出来ない。ヒエ~~~。

f0230770_1121137.jpg

f0230770_1122446.jpg

後半はクリークですよ。落差の大きい瀬や小滝の連続。シーブもあちこちあったな~。

f0230770_1142100.jpg

↑ この写真の岩の色が違うでしょ。オレンジがかってる。
温泉なんです。天然温泉の滝。天然の打たせ湯。右岸側に沢山の滝が落ちてるんだけれども、その半分がお湯!温泉! すごい!! まさにジオパーク!!

f0230770_1175715.jpg

オレンジっぽいのは硫黄成分だと思う。
あちこちから温泉湧き出してるんだ。
温度は体温よりちょっと高いくらいなので、ぬる湯。入浴には温度が足りないな~、残念。

f0230770_1195976.jpg

こんな瀬もある。

f0230770_11104796.jpg

念願の鮎返りの滝を踏みしめてテンションMAXの二人(笑)

また来るかって? 
「もう来ない。落石危ないもーん!!」
[PR]
by zanryuuroku | 2011-10-03 11:18 | カヤック
どーもー、ヒロかわうそです。
今年はオッターの初年度という事で、キャニオニングの準備に追われて年明けから突っ走ってきた印象です。そして、今現在9月に至る・・・、ですね。
なので、川には沢山出撃していても、カヤックには乗ってなかった・・・・。

もしかして今年初カヤック? もう9月なのに? あいや~、カヤック人生が始まって長いけど、まさか1年の初漕ぎが9月になる事があるとはね~。人生って以外だ。

そんだけ真剣にキャニオニングやってたって事ですよ!!カヤックそっちのけで(笑)

f0230770_234010100.jpg

まさに抜けるような青空に恵まれて、川に向かいます。ノリノリです。

f0230770_23423147.jpg

向かった川はこんな川。大分のとある川。別に隠すつもりは無いけれど、ネットでおおっぴらに言うつもりも無い(笑)ので伏せときます。

大分のカヤッカーさんなら知ってるかもです。

f0230770_23462025.jpg


マイカヤックとパドルと、スプレースカート(この間頂いちゃいました。オッターの開店祝いだと思う、サイズぴったり)

f0230770_23485426.jpg

f0230770_23493499.jpg

スタート直後はプチクリークです。
水量は通常水位と思われますが、もっと多いほうが断然楽しい感じですな。
水が多ければホールとかウェーブが出来そうだね。

f0230770_23524130.jpg

初めて下る川なので、緊張はするけれど、実際スカウティングしたのは2回かな。
まーこの水位ならグレードは低いです。

f0230770_23555780.jpg

f0230770_23565420.jpg

中央付近のカヤックで瀬の大きさを感じてね。

f0230770_235906.jpg

川底に映る自分の影をパチリ。
水質はまずまず綺麗ですよ!
川底の石に茶色い付着物があるのが気になるけれど・・・・、大水が出たら石も綺麗になりそうな気がする。

f0230770_024543.jpg

ちと恥ずかしいけど自分撮り。
天気が良くて、川も澄んでいて、プチクリークで楽しくて・・・、これ以上何を望むんだ?
ごめんアドレナリンは出なかった・・・・。

しっかし、二の腕白いな~(笑)
毎日川に出てる人とは思えん。
[PR]
by zanryuuroku | 2011-09-15 00:10 | カヤック