キャニオニングと九州全土の川記録&カヤック・カヌー等


by zanryuuroku

カテゴリ:由布川峡谷( 57 )

どーもー、ひろカワウソです。

先週の土曜日に由布川にキャニオニングツアーに行ったんですよ。

こんな時期に?!

ゲストのリクエストなんですけどね(笑)

その日は雨予報で、当日も予報通りの雨・・・・。

絶対寒いんです。ゲストさんにも「寒いですよ、マジで寒いですよ、覚悟して来てね、ホントに行くのね?」てな感じで意思確認。

「行きます! 私たち元気いっぱいだから大丈夫!!」って返事です。

「ヒートテック的なものを3枚くらい重ね着して来て、タイツも3枚重ねね」

「重ね着了解です。水着は?」

そんだけ重ね着してても水着は必要か? 一瞬答えにつまるカワウソ。
いらないんじゃ? もう胸のポッチも出ないでしょ・・・・。出るか?
分かんね~~。

f0230770_21345585.jpg


もみじが川に沢山落ちてました。
紅葉も終わりそうな時期ですよ。でも紅葉がこんなにも渓谷内にあったのか~って思いましたよ。

黄色や橙色や赤色が、地面や頭上に溢れてる。
華やかな由布川峡谷もいいな~~、ってしみじみするカワウソ。
でも寒いけどね(笑)

f0230770_2145941.jpg


5mジャンプです。
ここまではあんまり濡れずに来よう。なんて考えてたけど・・・・。もうすでに全身ずぶ濡れ(笑)
いつものツアーよりちょっとだけ泳ぎが少ないだけ・・・・・。

f0230770_21492575.jpg

f0230770_21495070.jpg

f0230770_21515246.jpg


川用の保温ウェアは色々もってるけれど、自分だけ暖かい格好してると、ゲストさんと違う体感温度になるんで、ゲストさんに近いかもしくは少ないくらいのウェアリングしてますが。俺のヒートテック1枚プラス保温着(半袖)よりもヒートテック3枚重ねの方が暖かかったらしい。

俺の方がガタガタ震えてた(笑)

f0230770_2205100.jpg


f0230770_2203073.jpg


ヒートテック的なウェアって誰でも持ってるでしょ?
川用の保温ウェアは持ってない人が大半だけど、ヒートテック重ね着で随分暖かいみたい。
来年はヒートテック押しだな。

夏でもヒートテック着てきてね。

f0230770_224246.jpg


由布川渓谷(峡谷)の紅葉キャニオニングでした。
[PR]
by zanryuuroku | 2012-11-23 22:08 | 由布川峡谷
どーもー、ひろカワウソです。

京都からの大学生達が参加してくれました。
由布川峡谷のキャニオニングツアーby オッター ダウンリバークラブ

大学生達はユースホステル部だそうな・・・・。
そんな部あるんだね~。
旅好きなメンバーが集まってんだな、きっと。

f0230770_223952100.jpg

しょっぱなからこのテンション。

f0230770_2240131.jpg

「あぢ~~。浸かると気持ちいいね~」

f0230770_22443373.jpg

「いってー、足が挟まった。助けて。流される。」

f0230770_22445956.jpg


f0230770_22494274.jpg

「ごぼごぼごぼ・・・・。」
押すな。

f0230770_22501242.jpg


f0230770_22524161.jpg

「れすきゅー!!」

f0230770_2252174.jpg

「この島を我々が占拠する」

f0230770_230916.jpg

「イタイ痛い。顔面イタイ・・・・」

f0230770_2303474.jpg

「ついに来た~~!!挟まってる岩」

f0230770_2374028.jpg

なんの変哲もないところで豪快にコケル誰かさん・・・・。ご愁傷様・・・・。

f0230770_23205860.jpg

「今日は男祭りなんだから、縄梯子は出さんぞ!!」
登れなければ置いて行く。
「全部を使い切っても登れ。」

f0230770_2381998.jpg

「15mの滝来た~~!!」

f0230770_23121014.jpg

「もう歩きたくないのだ。押してくれ。もしくは引いてくれ」

f0230770_23123491.jpg

疲れた?
「疲れました~~。」
あのテンションが途中で萎んだもんね~(笑)
[PR]
by zanryuuroku | 2012-09-07 23:26 | 由布川峡谷
どーもー、ひろカワウソです。

あー、やがて8月が終わってまう~。
早かったな~、今年の8月は・・・・。オリンピックもあったしね。
あっという間じゃった。

さー、9月も元気にキャニオニングツアーやるもんね。

残暑なんてキャニオニングでぶっとばせ!!

つーか、カワウソはほぼ毎日川に出撃してるので、夏の暑さがあまり分からんのです。

日中の一番暑い時間は、川の愛に溺れているのだ。

川の愛に溺れてみたい人、集合!!

川にゴミを捨てる人には天誅!! 新撰組五番隊隊士、川嘘広之進が捕縛いたす。抵抗するなら斬って捨てるぞぇ、
ん?天誅は討幕派じゃん!

f0230770_23205767.jpg


「カワウソさん、この滝柔らかいね」と言いながら、滝をモミモミする人(笑)

f0230770_23203816.jpg
f0230770_23202141.jpg


あーここ、ここ、じゃらんの表紙だよって言ったら早速ポーズをとる二人。

f0230770_232359100.jpg

素ん晴らしいバランスの石積み・・・・。歪んでるけどバランス取れてる。
これを積んだ人はさぞや出来る人だろう。
むむ・・・・、真剣に積んでるところをコチョコチョしたい。

f0230770_23241375.jpg

f0230770_23242855.jpg

さー、由布川渓谷の奥に入って来たよ。フラッシュ焚かないとね。



f0230770_2329666.jpg

でも、フラッシュ焚くと後ろが真っ暗になり易いんだよね。
手ブレに気を付けてパチリ。


f0230770_23291769.jpg

15mの滝をバックに・・・・。
「動かないで」と言っても、撮る方も撮られる方も流れに押されてじっとしてられないのさ。
だからブレるのさ。

f0230770_23293118.jpg

f0230770_23294545.jpg

パワースポットと呼ばれている、中空に挟まった大岩。
この岩だけでなく、由布川峡谷全体がパワースポットだと思うけれども、仏壇に手を合わせて育ったカワウソは、対象がはっきりしてた方がお祈りしやすい。
願い事は簡潔に具体的にね。

f0230770_23402611.jpg

f0230770_23404091.jpg

 ↑この人と

f0230770_23405714.jpg

 ↑この人は同じ人・・・・。どんな動き?(笑)

f0230770_23422341.jpg

「膝を伸ばして、お尻を上げて、上げないと打つよ」
発射準備完了、3・・・,2・・・,

f0230770_23423761.jpg



台風が来ましたけどね、由布川渓谷は増水してません。
全然キャニオニングツアーには影響ありませんよ。

由布院や別府の観光と絡めて、由布川渓谷のキャニオニングに参加してくださいね!!

オッター ダウンリバークラブ


でHPを見て予約をよろしくお願いしま~す♪
今週末は藤河内渓谷も狙い目。増水してて(藤河内渓谷は増水中)楽しいよ~♪
[PR]
by zanryuuroku | 2012-08-31 00:06 | 由布川峡谷
どーもー、ヒロかわうそです。

昨日10年振り位で、延岡の海にカヤックサーフィンしに行って来ました。

台風のうねりが入ってきてるので、波高3mってところでしょうかね。

でも、三角波が押し寄せる綺麗な波ではなくて、盛り上がったと思ったら直ぐに崩れる波なので波上を走る感覚は味わえなかったですね。

でもカヤックの場合、スープと呼ぶんでしたっけね、崩れた波に押されても遊べるので、そこそこ楽しめましたけどね。くるくるとスピンするのは気持ちいい!

ただ、連日川に入ってる自分としては、あの海のベタベタ感がなんとも気持ちの悪いものでした。

川と比較するから余計そう感じるんでしょうけどね。

あと砂ね・・・、シューズに入った大量の砂を落とすのに苦労しました・・・・。
なんかいい方法はないものか・・・・。

f0230770_21162682.jpg


出発前にパチリ。今日は女祭りです。

今日のツアーは、カワウソでしゃばらない様にしたいと思っております。
女祭りだと特に出る杭は打たれる気がするのだ。

f0230770_21204271.jpg


行きがけはヒップカバー(黄色)の足のバックルを止めないで歩くんです。
ツバメみたいって、皆さんお気に入り。

f0230770_21214528.jpg


なんだ、そのポーズ、何かのまじない?

f0230770_2125575.jpg


f0230770_21272293.jpg


水圧の強い所は協力して進みましょうね。
カワウソが何も言わなくても協力してるね。
参加者が女性ばかりだと、よく見られる風景。

f0230770_21284578.jpg


おおぉ~~、顔は見えてないけどとっても良い写真だ~!!
暗いところで、悪巧みしてる風。

f0230770_21362789.jpg


約4mの高さの滝。こんな感じで登って行くんですよ。
縄梯子は毎回持って帰るので、普通の人は登れないけどね。

f0230770_21371876.jpg


f0230770_21422669.jpg


4mの滝を登ると、その奥はさらにさらに狭くて暗い空間。
なので、光が足りなくて写真がますます撮りにくい・・・・。

フラッシュ焚いたら、渓谷に充満しているマイナスイオンのミストが写真に写りこんでしまう。

f0230770_21382853.jpg


f0230770_21393052.jpg


さー奥の15mの滝を訪問したら元来た川を帰ります、帰り道でパチリ。

f0230770_2150441.jpg


はい、ゴールの写真です。
このツアーは”でしゃばらない”を旨としましたので、カワウソ割と大人しめなガイドだったかな?

あっ、途中で「人間不信になる!!」って絶叫されたんだった・・・・。
まー大人しめだったって事で・・・・、忘れよう・・・・。
[PR]
by zanryuuroku | 2012-08-25 21:59 | 由布川峡谷
どーもー、ひろカワウソです。

あー、おはぎ食いたい。亡くなったばあちゃんのおはぎが・・・・。

うちは熊本の宇土って所に実家がありまして、実家のあたりではおはぎの事を
” はんごろし ” って言うんですよ。

怖~い!!

「今日は半殺しにすっぞ!」みたいな事を、朝、ばあちゃんが宣言します。

怖~い!!

んでこっちも喜び顔で「やったー半殺しだ~」って叫ぶわけですよ。

怖~い!!

f0230770_1855888.jpg


f0230770_1862476.jpg


由布川渓谷の「15mの滝下降コース」ですよ。

まさしく高さ15mの滝を下降するコースなんです。

しかもかなりの水圧の場所を下降します。

んで、この日のゲストさんが予約時に「”15mの滝急降下コース”でお願いします」ってメールで書いてきたので、メール読んで大爆笑しました。

”急降下”ですか・・・・・。

ほんとにそれやったら泣くな、体験した女の子とか・・・・。
「殺す気か!」って言われそう。

死にはしないだろうから、”ハンゴロシ”だね(笑)

一度やってみたい気がする・・・・。チャレンジャー求む→”急降下コース”

f0230770_18151573.jpg


f0230770_18155966.jpg


言い忘れてたけど、15mの滝はゆっくり降りますよ。
優しくソフトにゆっくりと。

f0230770_1817217.jpg


カワウソ指差して何か説明しています。
きっとある事無い事、でまかせを言ってる事でしょう。

f0230770_18185281.jpg


「顔上げて顔上げて! ハイチーズ!」
水圧強くて顔が上がりませ~ん。

f0230770_18202558.jpg


この日の女の子で、5mジャンプを2・3歩下がって飛んだ子がいたんです。

でも最後の踏み切りの足が滑って、ケツを打ちながら落ちて行きました(笑)
カワウソしばらく余りの可笑しさに悶絶。あんまり笑わせないで、ひ~~~(笑)

f0230770_1821435.jpg


f0230770_18213396.jpg


どーですか? ハンゴロシになる気分は? ムフフ・・・。

f0230770_18215433.jpg

[PR]
by zanryuuroku | 2012-08-23 18:25 | 由布川峡谷
どーもー、ひろカワウソです。
あれですねー、待ち合わせ場所でゲストの方と会って、ふっと一人になった時、
あと、スタート前に装備を渡してふっと一息ついた時、声を掛けられるときがありますね。

それが周りを気にしながら、とか、近くに他に人が居ないとかって場合、
こんな話になる事があります。

「あのー、何も聞いてないんですけど・・・・。滝が有るんですか?」

まーこう聞いてくるのは大抵男性ですね。

お前もこい! よし行こう!

的なノリなんでしょうかね。行くと言ったからには、どこで何をするかは深く詮索すると男じゃーない、みたいな。

いーんですよ、大概の場合はそれでまず問題ないんでしょうから。

でも、何か胸騒ぎがする「今回はちと雰囲気違うぞ・・・・」

んで、周りを気にしながら「あのー、何も聞いてないんですけど・・・・」のくだりになるんでしょうかね(笑)

そんな風な参加も”有り”ですよ。

HPにしっかり目を通してきても、あの景色に出会ったら皆フリーズするんだから(笑)

知らずに参加したら、もう別次元のフリーズが待ってるよ(笑)

f0230770_22484866.jpg


f0230770_22494638.jpg


「よく聞け君たち、カワウソもスタートの時はまじめな話をするんだよ」

f0230770_2252292.jpg


この人と

f0230770_22523747.jpg


この人は同じ人(笑)

f0230770_22532377.jpg


この方と

f0230770_2253551.jpg


この方も同じ人(笑)

f0230770_22545369.jpg


f0230770_22554166.jpg


滝から降りた時に、カラビナを浮きながら外す練習風景。
「あのー練習なのにパニクらないでね」

f0230770_230973.jpg


さー滝の上の景色。写真では伝わらないのです、この景色の凄さは。

f0230770_2313374.jpg


この写真は滝を降りた後ですよ。

ちゃんと降りました(笑)

f0230770_2335673.jpg


チョックストーンの下で、「幸運よ俺に落ちて来い」とでも言っていそうな。

幸運を体に充満しまくって家に帰ってね。
[PR]
by zanryuuroku | 2012-08-20 23:18 | 由布川峡谷
どーもー、ヒロかわうそです。

由布川の通常コースに参加されたゲストさん達は、15mの滝を見て「この滝を降りるなんて無理!!!」と言います。

そうね~、激しく水が落ちてきて、暴風のような風が吹いてて、ゴーゴー音も凄いもんね~。

降りるなんてまったく想像も出来ないかもしれないな~。

でも降りれるんだけどね!

そりゃー、参加してもらうしかない。

そうさ、参加しろ、俺だ俺だ俺だ!

f0230770_0493344.jpg


で、参加したメンバーがこの面々。

予約のメールで「運動不足の女子でも大丈夫ですか?」と聞かれても、

大丈夫です!! 多分(小声で・・・)

当日、申し込み用紙に記入した後に、「身の程知らずにも、つい参加する事になってしまったんですけれど・・・・。」と言われても、

大丈夫です!! 多分(小声で・・・)

f0230770_056312.jpg


さー、ツアーに出てしまえばこっちのもの、フフフ・・・。

滑らかな側壁と滝を堪能しつつ、ツアーは進む。

f0230770_058355.jpg


5mのジャンプも・・・・、逃げようが無い。あるけれど逃がさない。

f0230770_10260.jpg


ゲストさん達「あれ? 先が無いぞ?」
「どうなってんの?」
「え~~!!!」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

全員フリーズ。

f0230770_125148.jpg


↑ ゲストさん達が見た景色。

写真じゃ~、迫力と静謐さが伝わらないのが残念。

f0230770_152489.jpg


「どうにかして戻れる道無い?」
力無く引き返そうとする彼ら・・・・・。

でも後ろは5mの滝に阻まれて、後退なんぞできゃーしないのさ。

覚悟を決めろ!!

腹を括って降りる、もとい、降ろされるしかないのさ。

かわうその操作するロープに全てを委ねなさ~い。

参加したゲストさん達は走馬灯を見てるな、多分。
あの死ぬ直前に見るってやつね。

大丈夫、無事に下に降りれるから。

f0230770_1133387.jpg


降りてる途中の写真は無いので、無事に降りてツアーが進行してる写真を。

喜怒哀楽の怒以外の感情がMAX振り切れるらしい(笑)

まー参加して頂戴。そうとしか言えない。

オッターのHPは右上のオッターマークをクリック!!
[PR]
by zanryuuroku | 2012-08-16 01:21 | 由布川峡谷
どーもー、ヒロかわうそです。

由布川峡谷の15mの滝下降コースに行って来ましたよ。

「僕が僕である為に、勝ち続けなきゃならない」

と歌ったのは尾崎豊。

「私が私である為に、要所要所で勝ち続けなきゃならない。勝敗比率は五分五分以下でも」

と歌う年齢になってるかわうそ。

自分が気付いてないだけで、要所要所で負けてる可能性が高いかわうそ。

あっ、腰痛が・・・・。

車を運転すると右肩が痛む・・・、数年前に患った帯状疱疹の後遺症か・・・・。

f0230770_21191881.jpg


さてさて、今日のゲストは1つ年下のSさん。同年輩の男二人ツアーです。
労わり合って進むのですよ。

f0230770_21212789.jpg


「これですかー、5mのジャンプは」

そうそう、これこれ。

f0230770_2123245.jpg


5mジャンプの滝を対岸からパチリ

f0230770_21232626.jpg


15mの滝の脇にある静かで上品な滝。

とーってもいい滝なんだけど、すぐ横に大迫力の15mの滝があるもんだから存在感が薄い・・・・。

薄い・・・、に反応するお年頃のかわうそ。

f0230770_212965.jpg


さー、ロープのセッティングも完了!

滝を下降しますか!

f0230770_21315096.jpg


Sさんを先に降ろして、下降してきたかわうそです。
Sさん、ありがとう!

「Sさん、滝の途中で写真を撮ったらいいですよ、途中で止めますから」
って事で、この辺りかなと思う所でロープの繰り出しを止めたかわうそ。

後で写真を撮れたか聞いたら

「物凄い水圧の場所でロープが止まって、写真を撮るどころじゃ無かった!!」
だって・・・・。
かわうそがロープを止めてる3分間、死に物狂いだったのね・・・・。
ごめんなさい(笑)

f0230770_21434073.jpg


あれがチョックストーンですよ。滝の上に立つと割りと低く見える。

f0230770_21425569.jpg


で、チョックストーンを真下からパチリ

f0230770_21473987.jpg


チョックストーンの所で出会った若者達。高校生くらいかな?

元気いっぱいでガッタガッタ震えてました。
「サビー!!」を連呼しながら泳ぐ若者達。
若いって良いな~。彼らはこれから上り坂。かわうそは下り坂。

いいーんです。要所要所で勝てれば!(笑)

f0230770_2153977.jpg


Sさん、フル装備の我々はのんびり浮いて流れて下りましょう。

「全然寒くないもんね。よし勝った!」(若者達に)

ここが要所かは別問題・・・・。
[PR]
by zanryuuroku | 2012-08-13 21:59 | 由布川峡谷

妖怪カマキリ女出現。

どーもー、ひろカワウソです。

毎日暑いですね~~、いかがお過ごしですか。

出来れば夜も川に居たいな。誰か防水PC作って!!
事務仕事を川でやるから。

f0230770_153736.jpg


さて、由布川のキャニオニングツアー・通常コースの模様です。

降り注ぐ陽光。大勢の子供達は浅い場所で遊んでます。

我々由布川探検隊は峡谷の奥へ向かって、前進あるのみ。

深い所は泳ぎ、瀬では流れに押されて流されつつも耐え、前進前進。

f0230770_1584818.jpg


由布川渓谷の、何物かが棲むと伝えられる場所まで来ると、隊員の一人に異変が・・・・。

突然胸の苦しさを訴える隊員。川の深みへ自ら入りのたうち回る。カワウソなすすべも無い。

やがて疲れ果てたと見え、腹這いで川に浮く隊員・・・。

それが、やおら起き上がってニッタリと笑った

f0230770_15162348.jpg


「出た~~!!」
「妖怪カマキリ女!!」
赤いヘルメットに取り憑いたカマキリ。いったいどこで・・・。

カマキリが鎌を振り上げる動作をすると、取り憑かれた隊員も手鎌を振り上げて他の隊員達を襲う。
カワウソ身が竦んで反撃できない。

f0230770_1521146.jpg


「逃げろ~~!!掴まるな~~!!」

追うカマキリ女

f0230770_15344726.jpg


「あっち行け、カマキリ女!」

逃げ惑う隊員達。

一人の隊員を捕まえると上から猛然とのしかかる。
カマキリ女の手鎌が隊員を襲う。
「ザクッ」「ザクッ」
一撃・二撃
痛さに悲鳴を上げる隊員。

カワウソ我に返って猛然とカワウソチョップ!
するとカマキリ女に取り憑いたカマキリが、ぽとりと下敷きになっている隊員の口へ・・・。
「ごっくん!」

「え==、カマキリ食った!!」

馬乗りになっていたカマキリ女が、きょとんとした顔で辺りを窺う。
「あれ、私どうしたの?」
正気に返ったようだ。

一方カマキリを食べた隊員。「のどに小骨が刺さってる感があるけど、わりと美味♪」
だそうだ。まじか!?

一同胸を撫で下ろす。

「でもさ、カマキリ食ったんだよね・・・・」

f0230770_1540163.jpg


「うん食った、この口で」と右端の隊員

恐るべし、カワウソ探検隊・・・・。事も無げにカマキリを食う・・・。

f0230770_1539010.jpg


これ以上犠牲者が出ないように、カマキリ供養をしよう!

という事になり、石を積む隊員達。

f0230770_15444789.jpg


これで、悪さをするカマキリが出なければいいけれど。

願いを込めて、合掌。

f0230770_15471790.jpg


気を取り直し、我々探検隊はさらに由布川峡谷の奥へ・・・。4mの壁を越えて行く隊員達。

f0230770_15492148.jpg


f0230770_1548356.jpg


由布川最奥部に到達し、万感の思いを込めてハートマーク。

ありがとう! 
よくやったぞ、隊員たちよ!!



(この物語は大幅にフィクションです。)
[PR]
by zanryuuroku | 2012-08-06 15:55 | 由布川峡谷
どーもー、ひろカワウソです。

ゆーふっがわ♪
ゆーふっがわ♪
ゆーふっがわ♪

負ける気がしねー!
ん? 何の事?

f0230770_22173493.jpg


f0230770_22181436.jpg


滝は天下の周り物。
ん? 何か違う?

f0230770_22194137.jpg


来た~~、これこれ~~。
ん? 何が来るの?

f0230770_22205442.jpg


f0230770_22212487.jpg


あーしまった。何のプランも無くブログを書き進めてしもた。
サッカーの日本対エジプト戦見た直後だもんな~~
3-0だもんな~。(嬉)

オッターのツアーもよろしくです。
[PR]
by zanryuuroku | 2012-08-04 22:25 | 由布川峡谷