キャニオニングと九州全土の川記録&カヤック・カヌー等


by zanryuuroku

大晦日に2012のヤバイ!!を載せとこう。

毎日寒いですね。ヒロかわうそです。

新年に移る前に、2012年に「うわ! やべっ!!」って体験した事をUPして無かったので、それを上げとくかな。

時期は梅雨時、もう半年も前ですね。
梅雨の雨で川はどこも増水してました。
シチュエーションはカヤックでのダウンリバー。
川は藤河内渓谷の下流部、桑原川です。

f0230770_9351395.jpg

f0230770_936712.jpg


増水してる桑原川の、カワウソが下った区間。クリークでした。
326号線沿いなので、「そんなに(高低差が)下ってねーだろー」となめてたら、やられました(笑)
増水してるのでパワフルです。なのに持ってきたカヤックはボリュームの小さいプレイボートタイプ。
それでもまー、この時点ではおき楽なかわうそです。「大丈夫ダロー」

f0230770_9441672.jpg


↑ こんな感じでパワフルです。んで落差もあるっしょ。

f0230770_9461098.jpg


梅雨の晴れ間の青空と桑原川

f0230770_9482242.jpg


↑の写真がカワウソが手酷い目にあった場所。
大岩の左右どちらも通れるけれど、左のドロップはキーパーです。

じゃあ右側通ればいいじゃん。と思いますよね。かわうそもそう思ってました。
右側を通ろうと。
ただ、キーパーの前にもう一個落差のあるシュートがあって、そのシュートは避けようが無い。
なので、シュートを降りたらキーパーは避ける腹積もりだったんですよ。

ところがどっこい、ボリュームの小さいプレイボートですからね。シュートでスターンを食われてカヤックがおっ立ってしまって、コントロール不能に・・・・・。
カヤックが立ったまま数メートル進み、キーパーを作ってるドロップへ・・・。
かわうそ焦ってます「やっべー!! キーパーに落ちる!!」
そうして何も出来ないまま、カヤックも立ったままキーパーへドボンと落ちました。

普段なら、キーパーと分かってればブーフして、出来るだけ遠くへ落ちるようにカヤックをコントロールするんですけどね。助走も出来ずブーフも出来ず、キーパーへゆっくりドボンです。
「最悪だ・・・・・」

えーえー、当然掴まりましたよ。
カヤックは横向けにさせられたまま上下に揺さぶられます。
ブレースして沈しないように粘りますが、これも長くはもたない・・・・。
「やばいぞ、マジで掴まったぞ・・・・」

一縷の望みを賭けて、見えない後ろへ行く事を試みます。
沈しないためのブレースをしながらのバック。それもキーパーの返流に負けない強いバックが必要です。
かわうそ必死で波を押さえつけながらのバックを繰り返します。
少しずつだけど、後ろへカヤックが動くので望みがあります。
渾身のバックを繰り返し、やがてキーパーの返流が緩む所へ到達。ヌルリとキーパーを抜け出る事が出来ました。
ゼーハーゼーハー、息が上がってます「出た・・・・・・。長かった・・・。良かった。」
疲労困憊。でも生還しました。

f0230770_10413190.jpg

f0230770_1042068.jpg


↑の2枚の写真の場所も通ってますよ。

f0230770_10444766.jpg


↑ 北川との合流点付近。
この日はこの辺りでゴールです。距離にして1キロくらいかな~。
ぎゅーっと詰まったクリーク区間でした。

スタート地点の車まではRUNです。薄い靴底のパドリングシューズは走ると足への衝撃が強いので、走るのには向かないな。

皆様、良いお年を

そして

新年明けましておめでとうございます
[PR]
by zanryuuroku | 2012-12-31 10:55 | カヤック