キャニオニングと九州全土の川記録&カヤック・カヌー等


by zanryuuroku

WFA大分主催。野外・災害救急法を受講しましたよ!

どーもー、ひろカワウソです。

WFA大分主催の野外・災害救急法を受講してきました。

http://wfanipon.info/oita/index.htm

詳しくは ↑ のリンクから飛んで下さいね。
カワウソもちらっと写ってます。

講義は1泊2日。20時間!!
凄いです。講義内容もぎっしりあるので、ゆっくり噛み砕いてる暇無いんです。どんどん進まないと全部終わらな~い。

f0230770_23425456.jpg

f0230770_23442881.jpg

休憩時間に写真をパチリ。講義中みたいでしょ、みんな座ってて。これ休憩時間なんですよ。
俺も必死だけど、みんな意識高い!
んで、必死なカワウソはほとんど写真を撮れなかったので、WFA大分のブログに載ってるのを見て下さいね。


カワウソ必死で喰らいつきましたよ。

座学やる→外に出てシミュレーション
座学やる→外に出てシミュレーション
座学やる→外に出てシミュレーション

の繰り返しです。

どんなに寒かろうと雨が降ろうと、シミュレーションの時は傷病者役の受講生(救助者と傷病者は受講生が交代でやるんです)は地面に寝っころがります。

傷病者ってところがミソです。
倒れてる人に偶然出くわした。その人に意識が無ければ、怪我なのか病なのかを自分で判断するんです。
最初は救助者なのにパニックに・・・・。

山の斜面で人がうつ伏せで倒れてます。
生きてますか? 息はありますか? うつ伏せの人の呼吸をどうやって知りますか?
脈はありますか? すぐに人工呼吸CPRが必要ですね。斜面で倒れてる人を仰向けにする時、傷病者が斜面をすべるので、もうホントに止まりにくい。

みたいな内容の講義をみっちり2日間です。
晩飯食ったら宴会だろ~、気分のカワウソ・・・・・。お恥ずかしい。

講義は夜の10時頃まで。
そっからお風呂入って、11時過ぎまで教室で自習。
教室を消灯しても、廊下や自室で自習する人の多い事! 1時過ぎまで!!
いや、それ以降もやってたみたい。カワウソが1時過ぎに寝たので、自習組の彼らが何時に寝たのか分からない・・・・。

カワウソはもー教室が消灯したら分けて頂いた焼酎&団欒タイムでした。
楽しかったなー。

f0230770_0112441.jpg

さて、二日目もどんどん講義は進むんです。
異物が刺さった時の対処。
アナフィラキシー、熱射病、低体温症等々。

野外で起こりうる、いろんな事故の場面がリアルに講義に出ます。

むっちゃ為になります!!!
ガイド業をしてない一般の人でも、とても役に立つ要素がこれでもかってくらいに詰まってます。

んで、カワウソの総括。救急車を呼べるところは即座に救急車を呼ぶ。助けを呼ぶ。でも、その救急車が来るのに時間が掛かるなら。その間に自分に出来る事をやる。
これまでは自分にできる事は少なかったけど、この受講で格段に出来る事が増えました。

充実した二日間でしたよ。
学ぶって楽しいってのも実感したな~。

1泊2日の宿泊費と4食の食費が講習代に含まれて、¥36000 でした!
カワウソ安いと思います。
[PR]
by zanryuuroku | 2012-12-04 00:33 | 雑録