キャニオニングと九州全土の川記録&カヤック・カヌー等


by zanryuuroku

残念だけど、心躍る増水vol2

由布川峡谷から、藤河内渓谷へ移動。
多少の抜け道を使い、全線一般道で道の駅宇目まで1時間半。藤河内渓谷へはプラス30分の行程です。

f0230770_21564083.jpg

宇目へ行く途中の川はどれも大増水で、しかも色はコーヒー色です。
でも藤河内渓谷は水量が多いにもかかわらず、澄んでました!! さすが藤河内!!

6/19日の時点では、残念ながらツアーを催行するには多すぎる水量でした。でも今週に入りあまり雨降ってませんから、この週末はツアーが出来そうな気配です。
ああっ台風出来てる! また雨かな? 降水量次第ですね。

f0230770_2221310.jpg


小滝の連続がすべて繋がってしまってます・・・。先週より減ってますが、もう一減水ですね。

さて、去年撮った写真と比べてみますか

f0230770_225212.jpg


f0230770_2253497.jpg


川の中央に人が立ってる写真と、川幅いっぱいに水がある写真です。
水量がまったく違いますね~。

まー、ツアーコースをもう少し下流に設定すれば、キャニオニングツアーは出来そうですが、そうなると小滝の連続するツアーではなく、もっとPFDの浮力を使って流れるタイプのキャニオニングになります。
そういうキャニオニングもまた楽しいです。これからそんなコースも提案していけたらいいな~。

f0230770_22131015.jpg


↑ こんな感じの場所を浮きながら流れていくわけですねっ(笑)
岩があるときはお尻を上げないとハードヒットしたりします。
綺麗な川を流れたらサイコー気持ちいいです!!

f0230770_22231840.jpg


川遊びした後は近くの温泉へ、”湯~とぴあ”さんの男湯です。

f0230770_22351262.jpg


↑ 帰りに草原の牛さんを根子岳をバックにパチリ
自然を満喫した週末でした。

PS、クリークを一緒にカヤックでダウンリバーする人募集。土曜日に藤河内渓谷周辺で漕ぎませんか?
初ダウンリバーの区間なので、グレードは分からないのです。
[PR]
by zanryuuroku | 2011-06-22 22:42 | 雑録