キャニオニングと九州全土の川記録&カヤック・カヌー等


by zanryuuroku

クラス6

カヤックの世界での話しですが、川にはグレードがあります。0~6級までです。
0級が最も易しい。6級が最も難しい。
というより、6級は”死ぬ”から下れない川という意味で使われます。
日本国内限定の川グレードは、比較的易しい川も難しめに表記してある事があります。

球磨川は3~4級と書かれてたりしますが、そうすると、もう6級との間には5級しかありません。

じゃあ球磨川より難しいアッパー川辺川は? 
アッパー川辺川より難しい万江川は?
万江川より難しい五木小川は?
五木小川より難しい河俣川は?

上の川グレードの順位も水量によっては順位が変わりますが。

球磨川より難しい川が、球磨川水系やその近くにありますから、それらと比較しても3級でもオカシイ・・・。

ニュージーランドでみっちりカヤックを漕いで、いろんな国のパドラーと交流したときの経験で、国際的な川グレードはこれくらいかな~? という体感グレードを自分なりに持ってます。
あくまでも自分の体感グレードですので、人に押し付けるつもりはありません。
自分なりに目安にしてるグレード感と思ってください。

球磨川1級~1.5級
アッパー川辺川2級
万江川2.5級
五木小川2.5級
河俣川3級

ちなみに四国の吉野川2.5~3級くらいかな~、あくまでも自分の体感グレードですよ。
(水量によって、多ければだいたい川は難しくなります)

で、↓の増水した藤河内渓谷は  6級  です。
沈したら最後ロールできませんね。

いつか適度な水量の時に、チャレンジしたいと思ってますが、もっとずーっと減った時にお願いしたいです。


藤河内渓谷の通常の水位はこんなに多くありませんよ、キャニオニングする水位はもっと少ない時です。
梅雨だからといって、いつもこの動画の水量ではありません。この時は九州各地で特別な増水でした。
[PR]
by zanryuuroku | 2011-06-14 18:31 | 雑録